お腹痛くて血便が出るのはストレスのせい?可能性のある病気はコレ!

Sponsored Links

お腹が痛いと思ってトイレに行った時に、血便が出たらドキッとしてしまいそうですね。血便が出ても、必ずしも怖い病気なわけではないのですが、そんな症状があったらすぐに病院での検査を受けることをおすすめします。

ここでは、お腹が痛い時に血便が出た際に考えられる病気についてご紹介していきましょう。

その血便はストレスが原因?

ストレスで血便が出るというのは初耳だったりしませんか。人間の身体はストレスに弱く、過度なストレスを感じてしまうと胃や腸が消化液に攻撃され、出血してしまうことがあります。こういったことが起こると血便が出ることもあります。出血時の血が消化しきれず便に混じって出てくるのです。

こういったストレス性の血便で考えられる病気は、ストレス性大腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎などです。これらの病気は、過度なストレスにより引き起こされます。

ストレス性大腸炎はそんなに怖い病気ではありませんが、いずれにしても医師による治療により、重症化しないうちに完治させるべきです。

また、安易にストレスが原因だと自己完結しないようにする事も大事です。ストレス性だから大した事がないだろうという自己判断は、とても怖い病気を見逃してしまうかもしれません。

感染性腸炎

細菌やウイルスが原因の腸炎でも、血便がみられる場合があります。例えばO-157や赤痢などです。O-157の場合の血便は鮮血で、便に血が混じっているというよりは、血が出るという感じの血便が出ます。
赤痢では膿や粘液、血液が混じった便がでます。どの場合でも、腹痛と血便の他に、吐き気や嘔吐を併発します。

大腸がん

大腸がんの症状は、腹痛、血便、下血、お腹のはりなどです。その中でも血便はよく見られる症状です。
大腸がんの可能性があるため、血便が出た時には病院に行ってきちんとした検査を受け、大腸がんではないことを特定することが必要です。

がんの部位や症状の度合いによって、血便の色や様子が変化します。

その他の病気

虚血性大腸炎、薬剤性出血性腸炎、大腸憩室炎、クローン病などでも血便の症状があります。特に、大腸憩室炎では稀に大量の出血が起こる事もあります。

因みに痔でも血便が出ます。たまたまお腹が痛い時に痔の症状も出ていると、血便が出た!とひやっとするでしょう。その後の検査の結果痔であることが判明したというような例もありますが、取り敢えずは血便が出たら病院に行きましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る