ピロリ菌が腹痛の原因だった!?感染経路はいったいなに?

Sponsored Links

「ピロリ菌」という言葉をなんとなく聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。ピロリ菌は正式名書は「ヘリコバクター・ピロリ」といい、胃の粘膜に生息しています。胃が弱くて、胃の不調で病院通いをするような方だと、ピロリ菌がどういうものかご存知かもしれませんね。

ここではピロリ菌が引き起こす腹痛について掘り下げて行きましょう。

ピロリ菌に感染すると・・・

ピロリ菌に感染しお腹の中に生息してしまったら、まずは慢性胃炎になります。その為、常にみぞおち辺りのお腹の痛みを感じている方は、ピロリ菌に感染している可能性があります。食欲不振や、胸焼け・吐き気などの症状も出てくるでしょう。

もしもピロリ菌の感染に気づかずに放置をしてしまうと、慢性胃炎が進行してしまう場合があり、鳥肌性胃炎、萎縮性胃炎などを引き起こします。もっと進行してしまった方は、慢性胃潰瘍や胃がんになってしまうこともあります。

そういった最悪の事態を引き起こさない為にも、ピロリ菌に感染して何らかの病気を引き起こしてしまった場合、早めの治療が重要なのです。どうもずっと胃の調子が悪いという方は、早めに検査を受けてみましょう。

治療の流れ

ピロリ菌に感染しているかどうかは検査で確認ができます。まずは、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍になってないかなどを調べ、その結果そういった病気であると診断されると、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べることになります。

ピロリ菌の検査では、内視鏡を使う場合と使わない場合があります。ピロリ菌は感染していたとしても、必ず除菌を行うべきとは限りません。なぜなら、感染者全員が胃潰瘍などになるわけではないからです。

しかし胃炎の症状が酷い方や、胃潰瘍を繰り返しているような方は、その先の胃がんに進行してしまう恐れもありますから、除菌をすることをおすすめします。ピロリ菌を除菌して、発症してしまった病気の治療にあたれば、時間はかかったとしてもお腹の痛みは改善されるでしょう。

ピロリ菌の感染経路

衛生環境が悪かった時代はピロリ菌が感染しやすかったので、日本では60歳以上の方のピロリ菌感染者が多くなっています。若い方でピロリ菌に感染している場合は、親子間・兄弟間などで感染しているようです。

ピロリ菌を100%感染させない方法はないのですが、小さなお子さんがいる家庭では、親が噛んだ食べ物を食べさせたり、同じ箸を使うというような行為は避けるようにしましょう。子供の胃の中は酸性度が低いため、ピロリ菌が生き延びやすい環境なのです。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る