尿をすると下腹部が痛い!これっていったいどんな病気?

Sponsored Links

おしっこをした時に、下腹部に痛みが走ったという経験はあるでしょうか。この痛みは、尿と関連しているので、勿論泌尿器関連の病気に関係があります。尿をすると下腹部に痛みが生じる場合に考えられる病気とは、一体どんなものなのでしょうか。

膀胱炎、尿道炎、前立腺炎

排尿痛を感じる場合、真っ先に疑われるのが、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎です。これは膀胱やその周囲、尿道に感染が起こり炎症になる病気です。痛みの度合いは単なる違和感程度の軽症のものから、はっきりとした痛みとして感じるものまでさまざまで、痛みの度合いによって症状の酷さが比例します。

残尿感、頻尿、尿が出難いというような症状も併発し、血尿が出ることもあります。軽症であれば、水分を良く摂り尿を出す事で自然治癒することもありますが、あまりに酷い場合は抗菌剤を飲んで治療にあたることが必要です。特に女性は膀胱炎になりやすいですから、冷えや体力の低下には気をつけましょう。

間質性膀胱炎

これは普通の膀胱炎に比べるとかなり稀な病気です。通常の膀胱炎は細菌感染により起こるのですが、間質性膀胱炎は膀胱内の粘膜バリアが壊れることにより起こります。よって、抗菌剤は効きません。

通常の膀胱炎とは少々違い、尿が膀胱にたまると痛みが強くなり、排尿後には痛みが軽くなります。刺激物を摂ると痛みが強くなる事がありますから、この病気になったら刺激物は避けるようにしましょう。通常の膀胱炎よりも、完治までに長期間かかってしまいます。

尿道結石

尿道に結石ができる病気で、男性に多い病気です。膀胱結石が、尿道に落ちる事で起きます。前述の病気とは違い、下腹部にとても強い痛みを感じます。また、頻尿、残尿感、尿が出難いなどの症状の他、尿が二股にわかれる、勢いが弱い、血尿が出るなどの症状が生じます。

その他の怖い病気

排尿痛や尿の異常だけではなく、高熱や背部痛などがある場合には、前述でご紹介した病気よりももっと怖い病気の可能性も考えられます。例えば、腎盂腎炎や、敗血症などです。腎盂腎炎は腎臓に生じた細菌感染、敗血症は細菌感染が全身に及んだもので非常に重篤な病気です。どちらも入院による治療が必要になることがあります。特に、敗血症はとても怖い病気です。

膀胱炎や前立腺炎、尿道炎などを放置しておくと、これらの重い病気に進行することがありますから、排尿時に違和感を感じたり、尿の出方がおかしいとおもったら、早めに検査や治療を受けることが重要です。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る