超怖い病気!腸閉塞の症状や痛みの度合い、見分け方について

Sponsored Links

腸閉塞については名前は聞いたことがあるものの、どういう病気かはよく知らないという方が多いのではないでしょうか。病気の症状についてはご存知なくても、なんとなく怖い病気だというイメージはあるかもしれませんね。実際、腸閉塞では激しい痛みを伴いますから、通常の腹痛ではないことはすぐに解ることが多いでしょう。

ここでは腸閉塞の症状と、その見分け方や治療方法について掘り下げていきましょう。

腸閉塞の症状

腸閉塞では、突然さすような痛みに襲われます。その他には、お腹の張り、嘔吐が起こったり、便やガスが出なくなったりします。お腹に張りが生じるのは、腸の内容物が出て来なくなってしまうからです。吐き気は、その内容物が逆流することにより起こります。

腸閉塞のタイプによっては、発熱、脱水、尿の減少なども症状として生じる事があります。腸閉塞の腹痛は、単にお腹が痛いというだけではなく、とても激しく、気分も悪くなりますから、普通の腹痛と混同してしまうことはあまりないでしょう。

痩せていれば、腸が動いているのが外側から見える事もあります。暫くすると痛みは穏やかになりますが、また暫くすると強い痛みが起こります。一度吐いてしまうと、痛みや吐き気が一時的に緩和されるようです。こういった症状があれば、ただの下痢や便秘などではない腹痛ということがわかるでしょう。

腸閉塞の原因

腸閉塞の原因は、開腹手術によるものと、大腸がん、ヘルニア、胆嚢炎、重度の胃潰瘍などが考えられます。最近開腹手術をした方に前述のような症状が現れた場合、腸閉塞の疑いが高くなります。開腹手術時に医師が腸管などに触れ傷ができた際に、別の場所の腸管とくっついた状態で治って行くという癒着が起こり、それが進行することによって腸閉塞になってしまうのです。

また、胃潰瘍はどなたでもなる可能性のあるポピュラーな病気ですから、重度にならないように早めに治療を行うことで、腸閉塞を予防出来るでしょう。

参考:みぞおち付近が痛い時は胃潰瘍!?胃潰瘍の症状や痛みの度合い、見分け方について

腸閉塞の治療

腸閉塞が疑われる場合、まずX線、超音波、CTなどで検査を行い、どういうタイプの腸閉塞であるかも特定して行きます。絞扼性腸閉塞というものでなければ、手術以外の保存的治療で治ります。症状が治るまでは絶飲食となるため、入院が必要です。

おならや便が出れば、治ったという事にはなりますが、再発の危険はあります。この激しいお腹の痛みは腸閉塞かも?と思ったら、早めに検査を受けに病院に行きましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る