突然お腹の痛みは急性腸炎かも!?急性腸炎の症状や痛みの度合い、見分け方について

Sponsored Links

「急性腸炎」はちょっと聞き慣れない病気かも知れませんね。これは文字通り腸に炎症を発する病気で、1つの病気の診断名ではなく、腸に炎症を起こす病気全ての総称です。突然お腹に激痛が走る事もあります。痛みは主に下腹部に表れるでしょう。

ここでは、急性腸炎についてその症状と診断方法について掘り下げて行きましょう。

急性腸炎の症状

急性腸炎とは、前述のとおり腸に炎症が起こる疾患の総称ですから、その症状の度合いも原因も様々です。軽症の場合は、お腹が痛くなって下痢をする程度で自然に回復し、1日で治まる場合もあります。重度の場合は、入院が必要になるケースもあります。

急性腸炎が総称のため、その症状の現れ方は多様なのですが、共通する症状は腹痛と下痢です。腹痛の度合いは、ちょっとお腹が痛いという程度のものから、差し込む程強い痛みまで様々で、小腸に炎症がある場合はおへそ周辺、大腸に炎症がある場合には下腹部に痛みを感じます。

便は水様性で大量に出る事が多いのですが、小腸に炎症がある場合は粘液が少なく、大腸に炎症がある場合は、粘液便で、血液やうみが混じったりします。食べた物が殆ど吸収されないため、悪臭がしたり、泡状の便が混じることもあります。

感染性腸炎の場合、吐き気や嘔吐などの症状を伴います。その他の症状としては、下痢によって脱水症状が引き起こされ、全身倦怠感・脱力感を感じるでしょう。血便と高熱が症状として認められる場合には、入院が必要になるケースもあります。

急性腸炎の診断方法

急性腸炎では、その腸炎がどのような原因により起こっているのかを検査していきます。感染性なのか、そうではないのか、感染性であればウイルスなのか細菌なのか、といったところです。それ以外の何か重篤な疾患ではないかという辺りについても検査で診断していきます。

診断方法は、まずは問診により詳しい症状や腹痛になる前に摂った食事の内容などから、原因を探って行きます。その後、血液検査で白血球値が高ければ、細菌性やウイルス性であることが疑われます。その他触診により、お腹に異常がないかを確かめたり、必要であれば検便、内視鏡検査なども行われます。

腸炎のような症状になっても、症状が軽く、数日で全快するような場合でしたら、病院での検査は必須ではありません。脱水症状に気をつけて安静にしておくことで、処置としては十分です。ですが、激しいお腹の痛みを感じたり、水様便が続く場合にはやはり病院での検査が必要でしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る