お腹が痛い!ノロウイルスで嘔吐や腹痛、下痢や熱が出た時の対処法

Sponsored Links

ニュースなどで騒がれている「ノロウイルス」は、特効薬と呼ばれる効果的な薬が存在しません。また保険適用外のため、検査が高額になります。この辺りを踏まえると、「病院に行く必要がない」ということがわかります。

「ノロウイルス」だと特定したところで、どうしようもないからです。診察結果も「感染性による胃腸炎」と診断されると思います。「ノロウイルス」による症状が現れるのは、だいたい2~3日なので、安静にして症状に対しての対策を、各自で行うことが最善であると言えます。

ノロウイルスの症状について

主な症状は吐き気を伴う嘔吐、下痢です。あとは強烈なお腹の痛みにも襲われます。高熱や他の胃腸炎のように血便がみられることもあまりありません。しかし、このお腹の痛みと下痢がかなり頻繁で激しいものです。他項でも触れましたが、「下痢」は油断ができない症状のひとつなので、「ノロウイルス」による「下痢」なのか、そうでないのかを見極める必要があります

前述しましたが、「ノロウイルス」の症状が出るのは、おおよそ2~3日程度なので、それ以上、激しい下痢が続くようであれば、医者にかかるようにする、というのがポイントとなります。

また下痢が発生しているときは、脱水症状を起こさないよう、水分補給を怠らないように注意しましょう。下痢止めは体内に悪性の物質を残留させることに繋がるので、服用はNGとなります。

水分補給の正しい方法

「ノロウイルス」の一番の対策は?

特効薬がないことも含めて、一番の対策は「予防」となります。「ノロウイルス」は感染者の嘔吐や下痢による吐瀉物により、ヒトからヒトへと感染していくので、これらへ不用意に近づかないようにしましょう。石けんなど使用して、しっかりと手洗い、消毒を行うことは必須であると言えます。

その他の予防として、貝類を内臓を含んだまま食すときは、よく加熱して調理しましょう。さらに調理した「まな板」や「包丁」の熱湯消毒も忘れないようにしてください。極端な話、外食を避けたり控えたりするのも有効です。少なくとも流行しているといった類のニュースが報道されているときは、考えた方がいいと言えるでしょう。

家族内の誰かが感染し、その看護をする際、吐瀉物の処理には気をつける必要があります。丈夫なマスクとゴム手袋などを身につけ、徹底した消毒の元、行うのが望ましいと言えます。それらで汚れた衣類は感染源となってしまうので、そのまま洗濯槽で洗うことは感染を広げてしまうことに繋がります

まずはバケツなどでそれらだけを洗った上、消毒しましょう。さらにそれらを洗った後のバケツも、必要であれば消毒しなければなりません。このように自宅内でも、自分だけが徹底していても効果が低くなります。家族などにも呼びかけ、それぞれが徹底した予防をすることで、その効果は著しく上昇すると言えるでしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る