腹痛から考えられる病気をまとめました

Sponsored Links

お腹の痛みにおそわれたとき、どういった病気が考えられるのでしょうか。おなかにはヒトの臓器が詰まっています。その臓器の働きはヒトが何かをする際に、かならず必要になってくるほど重要です。つまり一言で「腹痛」といっても、答えになる「病気」は、当然単一にはなりえないのです。

腹痛以外の症状と照らし合わせて考えるか、お腹のどこが痛いのかで、ある程度見極められるということもあります。ここでは場所に対応した「腹痛」を伴う病気を、紹介していきます。

みぞおち付近

  • 食道⇒マリーワイス症候群、突発性食道破裂
  • 胃⇒急性胃炎、慢性胃炎、胃アニサキス症、急性胃粘膜病変、胃潰瘍、胃軸捻転症、胃がん、胃肉腫
  • 十二指腸⇒十二指腸潰瘍
  • 心臓⇒心筋梗塞

右上腹部(みぞおちの右側)

  • 肝臓⇒A型急性肝炎、肝硬変、肝がん、アルコール性肝炎、うっ血肝、肝膿瘍(かんのうよう)、肝嚢胞(かんのうほう)
  • 胆道⇒胆石症、胆道感染症、胆嚢がん

左上腹部(みぞおちのひだりがわ)

  • 膵臓(すいぞう)⇒急性膵炎、慢性膵炎、膵石症、膵がん

へそ近辺

  • 腸⇒感染性腸炎、虫垂炎、腸閉塞
  • 血管⇒腹部大動脈がん

右(左)側腹部(へその左右)

  • 腎臓⇒腎梗塞、腎膿瘍、遊走腎、水腎症、腎がん、腎臓結石

右(左)下腹部(へその右下、左下))

  • 大腸⇒虫垂炎、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、クローン病、大腸憩室症、大腸がん、過敏性腸症候群
  • 尿管⇒尿管結石
  • 女性⇒卵巣腫瘍、その他女性特有の病気など

下腹部

  • 膀胱⇒急性膀胱炎、慢性膀胱炎
  • 女性⇒子宮付属器炎、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、月経困難症、切迫流産、子宮外妊娠
  • 男性⇒慢性前立腺炎

腹部全体

  • 腹部全体⇒過敏性腸症候群、感染性腸炎、腸閉塞、急性腹膜炎、腹部大動脈がん

羅列してみましたが、いかに腹痛による病気が多いかがわかったと思います。慢性的に発生しているものなのか、それとも急性的におとずれたものなのかなど、この中から照らし合わせるには、実際の症状や、その強弱といった情報が必要です。

お腹の痛みだけであれば、常備薬で済むかも知れませんが、何か別の症状を併発しているとき、それが長期間続いてしまっているときは、やはり医師に相談するのが一番確実で、手っ取り早いと言えます。

生活が困難になる状態まで放置してしまいがちですが、腹痛はこれだけの病気の症状として発生するのですから、何か別の症状が現れたときは、速やかに病院へ行って医師の診断を受けるようにしましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る