お腹が痛くて下痢と熱がある時に疑った方がいい病気

Sponsored Links

腹痛時に、下痢と発熱が伴うとき、どういった病気の可能性があるのでしょうか。基本的にお腹の痛み+○○の症状が出ている場合(下痢や便秘を除く)、やっかいな病気である(入院や手術が必要など)可能性があります。

放置すればするほど悪化する危険性もありますので、症状がひどい場合は、無理せずに速やかに医者に掛かるようにしましょう。

では可能性のある病気を、ひとつずつ見ていくようにしましょう。予め断っておきますが、腹痛、下痢、発熱が同時発症しているとき、決して軽い病気ではありません。度合いにもよりますが、可能であれば、ネットで調べるより、病院へ行くことを優先した方がいいぐらいです。

感染性胃腸炎

代表的な病気で、ウィルス性のもので「ノロウィルス」、細菌性のもので「サルモネラなどによる食中毒」などがあります。いずれも腹痛、下痢、発熱、吐き気、嘔吐などが症状としてみられます。特徴は激しい下痢によって、体内の水分が奪われていく点です。

放っておくと脱水症状も引き起こすので、水分補給は怠らないようにしてください。そして速やかに病院へいくようにしましょう。ちなみに「胃腸風邪」は通名で、ここにカテゴライズされます。

インフルエンザ

こちらも同じ症状が現れます。インフルエンザの場合は、ウィルスに応じて症状が強弱したり、変わったりするので、注意しておきましょう。

過敏性腸症候群

発熱がある場合は、必ずしもこれが該当するわけではありませんが、過敏性腸症候群を患っているときに、風邪を引いたりすれば同一の症状となります。ストレス性の疾患に該当し、通称「IBS」と呼ばれています。

ストレスや緊張を感じたときに、腹痛や下痢になるというもので、一定の条件下であれば、繰り返し、確定的に発生する症状でもあります。こちらは器官などの疾患ではありませんので、手術が必要になったり、直接命に関わるようなことにはなりませんが、薬などでは根本的な改善には繋がらない、といった点ではやっかいです。

単に下痢と風邪を併発しているだけであれば、問題はありませんが、症状が長期化することで、体の水分、栄養が消耗した結果、入院や輸液が必要になるケースもあります。それほどひどくない症状でも、何日も続いているようであれば、一度、医療機関にかかることをオススメします。

また、お腹痛い、下痢、発熱以外にも咳や鼻水以外で症状が増えるようであれば、なお、注意してください。ひどくならないうちに医師に相談を。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る