お腹が痛い、吐き気や嘔吐もある、そんな時に疑った方がいい病気とは?

Sponsored Links

腹痛だけではなく、吐き気や嘔吐を伴う症状がみられる場合、格段に病気のリスクが高くなります。吐き気を伴う腹痛が症状として現れる病気は、食中毒、胃炎、胃潰瘍、腹膜炎、肝炎、虫垂炎、膵炎、肝硬変、胆石症、胆のう炎、尿路結石、胃がん、膵臓がん、肝臓がんなど。

お腹が痛くて気持ち悪い、嘔吐もある時の原因と対処法

ザッと挙げただけでこれだけのものがあります。比較的よく耳にする、もしくは症例として多いものを挙げましたので、聞いたことがあるものも多いと思います。ちなみに程度の度合いはありますが、この中のおおよそ8割が手術が必要になり、半分以上が死に至る可能性があります

腹痛に吐き気(嘔吐)が伴うとき

お腹が痛くて吐き気や嘔吐が伴う時、真っ先にやらなくてはいけないこと、最優先すべきことは、やはり医師にかかることです。特に「がん」などは、発覚が遅れれば遅れるほど治療が困難になります。そして症状として出るようになったときは、既にかなり病状がすすんだ状態であることが多いです。なので症状として出てしまっている「がん」の場合、一刻の猶予もないことがわかります。

またこの中には、部位が激しく痛むものも多くあります。有名どころで言えば虫垂炎(盲腸)や、尿路結石、腹膜炎、肝炎、潰瘍などが該当します。これらは強く痛むことが多いので、わかりやすいのですが、やはり激しく痛む場合は病状がかなり進行していることが多いため、油断はできません。

吐き気、嘔吐、腹痛を発症したときの病気

これらの病気は、そのほとんどが入院が必要になってくるので、お腹が痛いだけで大丈夫だろう、と放置するのは危険な判断です。医師が、管理下に置いた生活を送ることが必須だと判断された場合、入院と診断されるからです。

安静にしていれば大丈夫? いいえ、そんなことはありません。安静にするのは必須条件なだけであり、食事にも気をつける必要がありますし、薬も適切なものを服用する必要があります。何かあったときに、早急に治療する必要があるケースもあります。それらすべての状況を考えた上で、入院となるのです。

中にはお腹の痛みの原因がストレスによるものもあり、それは要因となるストレスを受ける生活そのものを正さないといけないこともあります。ストレスは意外にも様々な病気に発展する可能性がありますので、日常的に強いストレスを受けている人は、定期診断を受けておくことをオススメします。

まとめ

忙しいとは思いますし、時間がないのもわかります。「まさか自分が」などと考えてしまうのも、誰にでもあることです。しかし病気が進行してしまうと、余計に面倒なことになってしまう、ということだけは頭に入れておきましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る