プラノバールを飲むとお腹が痛い!副作用と対処法もご紹介

Sponsored Links

女性の方は、月経異常や更年期障害などで病院に行った時、プラノバールを処方されることがあるでしょう。プラノバールは女性ホルモンの働きをコントロールする目的で処方される中容量ピルです。

ですから副作用が起きやすい薬でもあります。ここでは、プラノバール服用中の腹痛やその他の副作用についてご紹介しましょう。

プラノバールを飲むとお腹が痛い

プラノバールを飲んで腹痛が起きるときの痛みは、生理痛と同じような痛みで、下腹部に鈍い痛みやキリキリとした痛みを感じるでしょう。元々生理痛が酷い方なら、プラノバールの副作用から来る痛みも生理痛と同様に激しいものかもしれません。

ですが、処方された容量を守っていて、且つ生理痛のような痛みがあるという副作用だけを感じているなら、それほど心配することはありません。その副作用はごくありふれたものです。プラノバールの服用期間が短期間であれば、服用期間が終われば下腹部痛もなくなります。

プラノバールで腹痛を感じた場合の対処法

痛みが強い場合には医師に相談をするべきですが、通常の生理痛と同等の痛みや、我慢出来る程度のものであれば、特に対処の必要はないでしょう。お腹を温めて安静にしていれば、幾分痛みが緩和されます。生理痛のときと同じ用な対処法をすれば、効果を感じるでしょう。

痛みに耐えられない場合は、プラノバールを処方してもらった病院に相談をし、痛み止めを追加で処方してもらうのも手でしょう。

長期的にプラノバールを服用していて、常に下腹部痛があるという場合には、プラノバールの服用を続けるべきかどうかも含めて医師に相談をしてみましょう。似た効果のある薬で、もう少し副作用の少ない薬に変更してもらえるかもしれません。

その他の副作用

プラノバールを服用して起こり得る副作用は、それだけではありません。腹痛に併せてよく見られる副作用は、吐き気・嘔吐、不正出血、胸の張りです。妊娠時のような症状ですが、不正出血については、もしも起こってしまうと不安になってしまうかもしれません。

不正出血は、プラノバールの飲み忘れ等により、服用のリズムが乱れた際に発生する事が多いので、薬の飲み忘れをしないことによりある程度この副作用の予防ができます。

また、長期的にプラノバールを服用する場合には、血栓症になってしまうおそれがあります。血栓症の症状は、手足のしびれ、視力低下などです。これらの症状が現れたら、すぐにでも医師の診察を受ける必要があります。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る