ピル服用時の腹痛はなぜ?対処法もご紹介

Sponsored Links

最近は避妊目的だけではなく、生理不順や生理での症状を軽くするためにピルを服用している女性が増えて来ているようです。ピルには多くの副作用があり、大抵の方にこの副作用が現れてしまいます。

その副作用の中に腹痛も含まれます。ここでは、ピルの副作用である腹痛についてご紹介します。

ピルの副作用からくる腹痛

腹痛は、ピルの副作用の中では深刻なものではありませんが、ピルを飲み始めてから腹痛を感じるという方は少なくありません。その腹痛は生理痛のような症状でしょう。お腹が痛いという他に、吐き気、頭痛、むくみなど妊娠初期に似たような症状も起こります。

また、ピルの副作用により便秘になってしまい、その結果腹痛が起きるという場合もあります。ピルを飲み始めてから便秘がひどくなったという方も少なくありません。低容量ピルでは、副作用は中容量ピルに比べて弱いものの、なんらかの副作用は表れるようです。

ちなみに、こういった副作用が現れた場合でも、生理になると生理痛が軽減されている事を感じるでしょう。副作用が落ち着くまでの期間は辛いかもしれませんが、副作用が現れなくなれば、お腹が常に痛いということもなくなります。

ピルで腹痛を感じた時の対処法

その腹痛が生理痛と同じ場合は、生理痛と同じような対処をすれば、痛みを和らげるkとができます。下腹部を冷やさず温めたり、痛い部分を撫でるなどで痛みは緩和されるでしょう。痛みがそうひどくなければ、副作用がおさまるまでは我慢するしかありません。痛みが我慢出来ない場合は、痛み止めを服用しても良いでしょう。

飲み合わせは殆ど問題ないことが多いのですが、念のため主治医に相談した方が安全です。ピルの副作用から起こってしまった便秘の場合の腹痛は、便秘を解消すれば治るでしょう。この便秘は、生理前になってしまう便秘と似ています。

ですから対処が難しいのですが、マッサージ、食事改善、水分摂取、運動などの合わせ技でなんとか対処が出来るでしょう。ピルの副作用は、ピルに身体が慣れてくるとその内あまり感じなくなってくるでしょう。大抵は1、2ヶ月すると落ち着いてくるようです。

しかし、あまりにも腹痛がひどかったり、長く続く場合は、産婦人科の医師に相談をしてみましょう。また腹痛と一緒に出血をした場合などは、医師にすぐ相談したほうがいいでしょう。ピルの副作用での不正出血は珍しいことではありませんが、こういった場合は単なる腹痛よりも心配でしょう。ストレスは余計に腹痛を増幅してしまいますから、心配事は早めに取り除いておきましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る