ビオフェルミンは腹痛や下痢に効くのか?効果と副作用について

Sponsored Links

お腹の薬の中でも2トップとくらい有名な「ビオフェルミン」。かなり昔からある歴史の古いお薬ですが、効果が穏やかなため下痢止めとして使用している方は少ないのではないでしょうか。もう1つの有名なお腹のお薬である「正露丸」に比べると、大変飲みやすいということも特徴的でしょう。

ビオフェルミンの錠剤は噛み砕いてしまっても甘く、とても服用しやすいお薬です。今回はこのビオフェルミンについて、その効果と副作用、正しい使用法などについて掘り下げていきましょう。

ビオフェルミンの効果

ビオフェルミンは効果が比較的穏やかなことで有名ですが、効果が穏やかなのは、下痢の症状や便秘の症状を無理に止めたりするわけではなく、まずは腸内環境を整えることに焦点が当ててあるお薬だからです。よって、即効性のある下痢止めや便秘薬としては機能しません。ですが、長期的な目で見れば、間違いなく下痢や便秘に効果があります。

ビオフェルミンには、3種類のヒト由来の乳酸菌が含まれており、その乳酸菌を行きたまま腸に届け、その乳酸菌の働きにより腸内環境を整えます。お腹が痛い時に飲むというよりは、日常的に腸内環境を整える為に飲むような使い方が正しい使い方です。

例えば、過敏性腸症候群の症状で常に便秘気味だとか、下痢気味だとかいう方には、日常的にビオフェルミンを服用することで、腹痛の症状が改善するでしょう。効くまでの期間は人によりそれぞれで、1日で効果がある方から、はっきりとした効果に気づくまで1ヶ月位時間が必要な方までいらっしゃいます。

ビオフェルミンの副作用、正しい使用法

効果が穏やかなビオフェルミンには副作用は殆どありません。そのため、広い年齢層の方に安心して使用して頂けるお薬になっています。副作用は全くないというわけではなく、下痢、お腹の張り、便秘等の副作用が稀に起こるようですが、身体に深刻な害のあるようなものではありません。また、この副作用の報告例は極めて少ないため、殆どの場合は感じることがないでしょう。

ビオフェルミンは前述のとおり日常的に使用することでその効果を発揮します。ですから、お腹が痛い時に飲んでもすぐには効果を得られません。

また、体質によりビオフェルミンに含まれている乳酸菌では効果を得られないという方も存在します。1週間程服用しても、特に何の変化も感じられなかった場合は、別のお薬に変更してみることをおすすめします。

服用方法は、水で飲み込んでもいいですし、噛み砕いて食べても問題ありません。胃が空っぽの状態だと、胃酸で乳酸菌が死んでしまうので、食後に服用するのがベストです。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る