お腹痛いのに生理が来ない時は妊娠かも!?

Sponsored Links

生理前のような腹痛や腰痛があるのに生理がこない。発熱や体がだるかったり、胸が張っているのに生理がこない。これは遅れているだけ?それとも……?

もしかすると超妊娠初期症状の可能性があります。子宮の辺りがチクチクと痛い。おなかが引っ張られるように痛い。といった激痛などではなく、鈍痛という感じである場合がほとんどで、特に下腹部に痛みが現れることが多くなっています。

1日中痛む人もいれば、1日の間でも痛みがあったり、治まったりなど、通常の腹痛のような周期で症状が出る人もおり、個人差があります。生理が来る直前におとずれる腹痛と似ているため、超妊娠初期症状だと気付かない人も多いです。

超妊娠初期症状による腹痛の見極め

生理による痛みか、超妊娠初期症状による痛みなのか、ここの見極めを違えることで、結果やその後の行動、さらには人生に大きく影響があります。ここの見極めはキッチリおこなっておきたいところですね。

主なポイントは、

  • 高周期が続いている
  • 着床出血があった
  • おりものの量、状態がいつもと違う

といった点になります。いずれも体感や見た目ではわかりにくいため、いつもと違うかな?と感じたら、超妊娠初期症状を疑ってみましょう。

とにかく慌てたり不安にならずに、落ち着いて!

超妊娠初期症状による腹痛は、時間が経てば治まっていきます。それほど珍しい症状でもないですし、大きな症状に変わる可能性もありません。心配をせずに、極力リラックスした状態を心がけるようにしてください。

妊娠検査薬は、思い当たる性行為から2週間後に反応し始めます。3週間後になっても陰性だったとき確定的となり、排卵が遅れているだけとなるのがほとんどで、妊娠によるものではありません。いずれにしても、症状が重い、いつもと違うようであれば、産婦人科へかかるのがいいでしょう。

とにかく無闇に不安にならず、落ち着くのが最善であると言えます。不安になることで、余計に悪化したり、生理が遅れてしまったりしてしまうので、ゆったりと構えてください。

精神的なストレスが人体に与える影響は思いの外大きいので、可能であれば、気分転換を試みることをオススメします。

こういうときは、体験談などが心の助けになりますので、身近な友人などに話を聞いてみたり、ネットで症状を検索してみたりなどをしてみるのもいいでしょう。自分と同じような症例を体験した人がいるのがわかっただけでも、きっと安心できることと思います。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る