生理前はどうしてお腹が痛いの?原因と対処法はコレ!

Sponsored Links

毎月おとずれる生理。そして生理痛。そろそろ生理がくるかな?とわかる人も多いと思います。その症状のひとつとして挙げられるのが「腹痛」です。

では、生理前に腹痛がおとずれるのは何が原因となるのでしょう?またその対策はあるのでしょうか?ここでは生理前におとずれる症状について、詳しくみていきたいと思います。

「月経前症候群」

こんな言葉は聞いたことがありませんか?通称「PSM」と呼ばれる、その名の通り月経前におとずれる症状、および確定的、定期的に症状がおとずれてしまう病気です。

病気、と聞くと構えてしまうかもしれませんが、20~30歳台の働く女性の、90%の方がPSMの可能性があるとされています。

PSMによる代表的な症状

腹痛、腰痛、乳房が張っている、下腹部が張っている、乳房が痛い、頭痛、肩こり、めまい、手足が冷える、肌荒れやニキビ、すぐに喉が渇く、食欲の減少および増大、下痢や便秘、疲れやすくなった、すぐに眠くなる、おりものが増えた、体を動かしづらい、目や鼻にアレルギー症状がある、イライラする、無気力、憂うつ、仕事などの能率が落ちた、性欲が変化した、人付き合いが悪くなった、女性であることに嫌気が指す、などなど。

これらの症状は、女性であればほとんどが幾つか該当すると思います。また男性の方でも、パートナーの方が生理前にこれらの症状に悩まされている、というイメージをもたれているのではないでしょうか。

しかし働いている女性のほとんどの方が、こういった症状が多くあてはまる、という結果になったそうです。

PSMの原因は?

PSMになってしまう人に多いと言われているのが、ストレスに対して過敏に反応をしてしまう人、だそうです。つまりストレスに弱い人であったり、必要以上に不安を感じてしまう人であったり、毎日のように何かに思い悩んでしまっていたり、ストレスそのものの捌け口がない人だったり、そういった方は、総じてうつ病も発症しやすいので気をつけましょう。

改善、対策は?

まずは食生活を見直しましょう。栄養が偏った食事は症状を重くしましまいます。生理前に意識的に栄養を摂取することで、軽減できることも少なくありません。

具体的には、豆類、緑黄色野菜、海草類、玄米、そばなど。いずれもダイエット食品や栄養価の高い食品だと言えます。またPSMそのものを緩和させる効果がある食品として、豚肉、大豆、いわし、かつお、さばなどがあります。

逆に避けた方がいいものは、砂糖、塩分、コーヒー、紅茶、日本茶、チョコレート、アルコール飲料、パン、ケーキ、パスタなどが該当します。

そして適度に運動を心がけることも大事です。定期的に体を動かすことで、ストレスが溜まりにくい体質を作りましょう。健康的な生活を送るよう心がけることで、イライラしにくくなる、素敵な女性ライフを送ることが可能となりますよ。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る