生理痛でお腹が痛い時にお勧めの生理痛を和らげる5つの方法

Sponsored Links

毎月毎月訪れる生理痛。症状にも個人差があって、憂鬱になるほど痛い人や、動けなくなるほど痛くなる人もいれば、日常生活と何ら変わらないぐらいに、痛みがない人もいるとか。

痛みがひどい方は、女性として生まれてきたことを恨む人もいるぐらいだそうです。そんな方へ、少しでも楽になるような対処法を集めてみました。生理痛の対処法には、基本的に体を温めて血行を促すのが良いとされています。

また、痛むときは無理をしないようにして、リラックスできる状態を作ることを、心がけてください。生理痛を和らげるには、以下のような方法があります。

生理痛を和らげる5つの方法

体を温める

「冷え」が一番生理痛をひどくさせる要因です。特に仙骨と呼ばれる(おしりの割れ目の少し上に当たる部分の)骨と、へその下を同時に温めると効果的です。

カイロで前後を挟み込むようにし、保温性の高い下着をつけることで、全身がポカポカしてくると思います。

ツボを押す

生理痛に効くツボが幾つか存在します。症状や個人差によって、効くツボが変わってくると思いますので、強めに押さえて堪えられないぐらいの痛みがあるツボを、ギュッ、ギュッと一定間隔で押すようにしましょう。

関元・中極

手のひら(左右どちらでも可)を開いて指を伸ばしてください。人差し指の側面が、ちょうどへそにあたる位置に手を置きます。下腹部を押さえるような格好になったと思います。この状態で、へその真下、小指の位置に当たる箇所が関元となり、関元から指1本分下に位置するのが中極です。

陰廉・五里

上記と同じように手のひらを作った後、座って太ももの付け根に人差し指の側面をあてます。指3本分の薬指の位置が陰廉で、その指1本分下が五里となります。

血海

両膝の内側にあるくぼみから、指3本分上にいったところにあります。

三陰交

足の内側のくるぶし(出っ張っている骨付近)から指4本分上に位置します。女性特有の症状に対して万能のツボとなっています。

布ナプキンを使う

保温性が高いため、生理痛には効果的です。実際、家では布ナプキン、外では紙ナプキンという風に使い分けている方も多いようです。

ウォーキングを行う

日頃から適度な運動を行っていると血行がよくなるため、生理痛が緩和される体質になるようです。

飲食物による対処

グレープフルーツ、プルーン、魚、アーモンド、ごま、ショウガなどが、生理痛に効く食べ物です。また豆乳、ココア、ハーブティーといった飲みものも、生理痛には効果的です。

逆に避けた方がいい飲み物・食べ物には、チョコレート、アイス、ジュース、炭酸飲料、コーヒーといったものが、挙げられます。
※無糖の炭酸飲料は、血行をよくしてくれる効果があるそうです。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る