お腹痛い女性は要注意!女性特有の病気かどうか確認必須です!

Sponsored Links

女性のお腹には、男性と比べて多くの器官が備わっています。それらが原因となるだけではなく、別の器官の悪影響がそれらに影響を及ぼすことも、少なくありません。そういった理由で、女性には特有の病気が多いのです。

どれもデリケートな器官ですので自分の体のことをきちんと把握した上で、何らかの症状が出た際に、適切に迅速な処置や対応を心がけるようにしましょう。ここでは女性特有の腹痛の原因となるものを幾つかまとめました。気になっている症状があるという方は、参考にした上で対策するようにしましょう。

子宮外妊娠

子宮外妊娠の一番の問題は、本人が気がつかない、もしくは勘違いしていて、発覚が遅れてしまうケースです。不正出血を伴う場合と、伴わない場合が存在し、出血を生理と勘違いすることで、発覚が遅れてしまうのです。出血を伴わない場合は、生理が遅れてしまうので、気がつくことも多くなります。

生理が少しでも遅れていた場合は、念のために検査薬を使用することをオススメします。しかし生理が遅れる度に検査薬を使用したりするのでは、コストが掛かってしまいますし、そういった不安を慢性的に抱くことで、余計に生理不順となってしまう可能性もあります。やはり一番の方法はしっかりと避妊を行う、ということになると思います。

卵巣腫瘍茎捻転

突然、激しい腹痛に襲われた場合に疑われる症状です。発生する部位としてはお腹の右側であることが多く、虫垂炎と同じ辺りが痛むことがあります。いずれにしても強いお腹の痛みを伴うので、すぐに医療機関にかかるようにしましょう。

おおよそ3割程度に以前から腹痛が続いていた後、激しい激痛になったというケースがあります。またごくまれに不正出血を伴う場合もあり、患部を押さえると強い痛みがあります。平熱であることも多く、37度台の発熱があるケースが50%ほどです。

吐き気や嘔吐により、腸が原因と診断される可能性があり、虫垂炎と診断されるケースもあります。医師へ伝える際は、なるべく具体的に症状を告げるようにしましょう。

卵巣出血

性交渉の後に多くみられる症状で、病気の進行具合によって強弱があるお腹の痛みと、貧血のような状態になるのが特徴です。あまり出血が多いと、入院や手術が必要になってくることもありますが、多くの場合は、輸液や増血剤の投与を行い、安静にしていることで回復します。卵巣自体に後遺症が残ったりする心配もないので、安心してください。

ごくまれに性交渉を行っていないにも関わらず発症するケースがあります。医師でもその場合の原因が不明だったりするぐらいなので、腹痛や貧血が続いていたり、激しい腹痛だったりする場合、疑ってみた方がいいでしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る