お腹の痛みと下痢を引き起こしやすい食べ物はコレ!

Sponsored Links

下痢の原因となりやすい食べ物が存在します。それらは胃腸がデリケートであったり、体質などの相性であったりと、理由は様々ではありますが、多くの人が原因となりやすい食べ物を、幾つかまとめてみました。

聞いたことがあるものや、おなかを壊しやすいイメージがあるものが混じっていると思います。ただこれらが必ずしも下痢の原因となるわけではありません。個人差があり、食べ過ぎなければ大丈夫だという人も多いのです。くれぐれも早合点しないように、注意してくださいね。

注意した方がいい食べ物

牛乳

乳糖を分解する能力は、大人になるにつれて落ちてきます。そのために牛乳を飲むとおなかを壊してしまうのです。牛乳自体は体に良いものなので、お腹を痛めやすい場合はホットミルクにして、毎日少しずつ飲むようにしましょう。乳糖を分解する能力も、少しずつ回復してきますよ。

インスタントラーメン

体に良くない食べ物の代表格です。特にフライ麺は油で揚げているため、下痢の原因になりやすいです。一度に2つ食べる、毎日食べる、という人は栄養も偏ってくるため、体に思わぬ異変を招く結果にもなりかねません。食べるにしても、頻度を落とした方がいいでしょう。

アルコール

アルコールは腸でも吸収されるので、腸の粘膜を刺激します。飲み過ぎると、確定的に下痢を起こしてしまうので、胃腸がデリケートな人は注意してください。

キシリトール

商品の包装にも注意書きがありますが、一度に食べることでおなかが緩くなることがあります。またキシリトールだけではなく、人工甘味料を含んでいるものすべてに該当します。これも個人差があるので、過去にキシリトール入りガムを食べて、下痢を起こした経験がある人は、避けた方が良いでしょう。

ミネラルウォーター

日本の水はミネラルの少ない軟水が主流ですが、ミネラルの豊富な硬水は、下痢を引き起こす原因になることがあります。平気な人もいますし、飲み続けることで平気になる人もいます。腹痛や下痢が気になる人は軟水を選んで飲むようにしましょう。

刺激物

辛い食べ物やカフェインの入ったものが該当します。辛い食べ物は胃腸を荒らすため、健康な人でも下痢を起こしやすくなります。一度に多量に食べることで、より下痢を引き起こしやすくなるため、キムチ鍋を食べた後、下痢になったりするのはこれが原因です。

不溶性食物繊維を含む食べ物

具体的には、おから、茹でたインゲン、グリンピース、納豆などです。いずれも体に良さそうなイメージがあり、意外だと思われる方もいらっしゃると思います。食物繊維には水溶性と不溶性が存在し、水溶性のものは下痢に良いとされます。

しかし不溶性のものは、腸を刺激してしまいますので、下痢の原因となる可能性があります。便秘の時は不溶性食物繊維のものを、下痢のときは水溶性食物繊維を摂るように、心がけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る