お腹が痛くて下痢の時に効く食べ物9点をご紹介!

Sponsored Links

お腹が痛くて下痢のときにも、何か食べないといけません。体内の水分と栄養も排出されてしまっているからです。どうせなら下痢に効く食べ物を口にしましょう。では、どういった食べ物が下痢に良いのでしょうか。代表的なもの、食べやすいもの、手に入れやすいものを、幾つかピックアップしてみました。

下痢の時に食べやすい食べ物

1.うどん

真っ先にこれを挙げたのは、作るのにも片付けるのにも手間が掛からないという点です。また下痢によって消耗した体力を補給、保温効果などを踏まえた上で、これ以上に効率の良い食べ物はないでしょう。お腹にも優しいのでお勧めです。

2.りんご

腸内環境を整える効果が高く、消化にも良いです。固いものより、軟らかいものの方がいいので、可能であれば皮ごとミキサーなどでペースト状にして食べると、より腸に優しくなります。

3.バナナ

こちらも消化がよく、栄養価が高い果物です。下痢によって不足した電解質を補給する効果もあります。りんごと一緒にミキサーに掛けましょう。

4.ヨーグルト

乳酸菌により腸内細菌を増やし、腸内環境を改善してくれます。こちらもミキサーに入れてしまいましょう。

5.はちみつ

強い殺菌力があり、赤痢菌を10時間、大腸菌、チフス菌を48時間で殺してくれます。下痢の原因となっている菌を死滅させ、ビフィズス菌を繁殖させるため、下痢の時に特に効果がある食べ物です。もちろんミキサーです。

6.紅茶

個人差がありますが、中にはすぐに下痢が止まる人もいるほど効果的です。体も温まりますので、下痢とは相性が抜群です。砂糖は悪化させる可能性があるので、控えめにしてください。

7.おかゆ

消化によく、手軽に作れる食べ物のひとつです。体も温まりますので、食欲がないときはおかゆにしましょう。

8.らっきょう

抗菌性の高い物質が含まれており、ビタミンB1の吸収を高める効果があります。整腸してくれますので、下痢には良い食べ物だと言えます。おかゆと一緒にいただくようにしましょう。

9.じゃがいもと春菊のスープ

どちらも下痢に効果の高い食べ物です。スープにして飲むことをオススメします。
※じゃがいもの芽は下痢の原因となりますので、必ず取り除くこと。

いずれも効果には個人差がありますので、自分には合わないと感じる物は避けてください。また食べ過ぎ、摂りすぎは(下痢のときは特に)かえって体に悪いので、摂取しすぎて悪化させないように注意してください。

腹痛と下痢は長期化するとかなり危険な症状なので、何日も続くようであれば、速やかに病院へ行くことにしましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る