水分の摂りすぎでお腹痛い!下痢の原因と正しい水分補給の仕方

Sponsored Links

下痢は、基本的に腸で吸収可能な水分量を、超過して水分を摂取すると引き起こす症状です。寝る前にアルコール飲料を口にする人は多いと思いますが、水分を短時間で2リットル~3リットル以上飲むことにより、胃腸が拒絶反応を起こし、朝方腹痛と下痢になります。

一度に1リットル以上は飲まないようにすることで、腹痛と下痢を止めることができると言えるでしょう。水分を摂取することは体にいいことですが、何事もほどほどにしておくことが大事です。

ミネラルウォーターの飲み過ぎによる下痢

通常、日本で飲んでいる水のほとんどが軟水と呼ばれる水です。軟水とは、カルシウムやマグネシウムを含んでいる量が少ない水のことを指し、その逆に、カルシウムやマグネシウムを多く含んでいる水のことを硬水と呼びます。

硬水に多く含まれているマグネシウムは、体内に吸収されにくいだけではなく、大腸の水分吸収を阻害する働きもあります。そのため、飲み過ぎたりすると下痢を引き起こす原因になるわけです。

とはいえ、硬水=体に悪いというわけではありません。あくまで飲み過ぎることで、下痢を引き起こす原因になるというだけです。日本の水はほとんどが軟水ですが、ヨーロッパは硬水が主です。

海外に行った際におなかを壊す人がいるのは、このあたりが原因かもしれません。食事飲料水以外にも、調理でも硬水を使っていることになるわけですから。いずれにしても、日本人は硬水を飲み慣れていないので、そのせいでお腹が痛くなって下痢を引き起こすこともあります。

水分補給の正しい方法

下痢に悩まされているものの、喉がよく渇いてしまう人などは、以下の方法を試してみてください。

  • 常温にしてから飲むようにする。
  • どうしても冷たい飲み物が欲しい時は、一気に飲まずに一度口に含んで飲む。
  • 食後にカフェインが多いものを避ける。
  • 食後のコーヒーは、特に下痢の原因となることが多いです。
  • スポーツドリンクやジュースを飲み過ぎないようにする。
    (※糖分が多く含まれているため)

下痢しやすい人

胃腸がデリケートな人は、下痢を引き起こしやすくなります。胃腸へあまり負担を掛けないよう冷たいものを避けるなど、上記の正しい水分補給を参考に、対処してみてください。またおなかを温めたり、マッサージを行うのも効果的です。

それでもなお下痢が続く場合は、一度病院で見てもらった上で、薬などを処方してもらうのがいいかもしれません。おそろしい病気が潜んでいる可能性もありますよ。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る