お腹が痛くて水のような下痢便が出る!その原因と対処法

Sponsored Links

ほとんど水のような便で、勢いがあり、腹痛がある場合は、「下痢」の一種となる「水様便」と呼ばれる症状だと思われます。原因は様々なケースが考えられ、一概には言い切れません。大きくは急性のものと、慢性のものに分類されます。

急性は発症から二週間以内とされ、ウィルス性のものである可能性が高く、たいてい自然治癒します。四週間以上経過したものは、慢性の下痢として扱われます。慢性の場合で症状がひどいときは、早急に医療機関へ足を運びましょう。

水様便

ひどい下痢に該当しますが、主にノロウィルスやサルモネラによる感染症胃腸炎の症状として見られるのが、最近だと有名です。赤痢やコレラといった伝染病でも見られる症状であり、いずれも重篤な病気の症状として現れるのが特徴です。

もちろんそれ以外にも、大腸ガン、潰瘍性大腸炎、糖尿病、ピロリ菌の感染の影響で引き起こされる消化不良、ストレスや神経性による消化不良、さらに便意を我慢しすぎると、大腸が異常活動を引き起こしてしまい、水様便が出ることもあります。

慢性的に続くひどい下痢は、放置すると非常に危険なため、病院へ行くか、諸事情により通院できない場合は、多量の下痢により失われた、水分や栄養の補給を怠らないよう対処してください。

水様便以外に症状がこれといってない場合

お腹の痛み、発熱、吐き気や嘔吐、倦怠感、食欲不振など、これらの症状がなく、日常的に生活することに何ら無理がないとき、生活環境や、日常的に摂取している飲食物が原因である可能性があります。

具体的には、食べ過ぎ、早食い、就寝前の食事による消化不良冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎ、多量のアルコール飲料を摂取した翌朝、コーヒー、辛い食品などの刺激物、マグネシウム、油、人工甘味料の過剰摂取などが該当します。

あまりに激しい水様便が長期化していると、体内の水分や栄養も排出されてしまっていっているので、これらをなるべく控えるよう心がけましょう。

主な対処

食中毒などの感染性胃腸炎以外でお腹痛い時は、下痢止めを服用しましょう。
(感染性胃腸炎のときは、体内の病原菌を排出する必要があるため、下痢止めの服用はNG)

その場合、腸管内の水分分泌を抑制、水分吸収の促進することで、水分量を調整する働きのある「正露丸」が効果的です。薬を使わない場合は、水分を十分にとって、おなかを温めてください。

なるべく消化の良い食事を心がけ、腸を安静に保つようにしましょう。水分補給には経口補水液のような、体に電解質を吸収しやすい飲料を摂取してください。これらを数日間試しても下痢やお腹の痛みの改善が見られないときは、速やかに病院へいきましょう。大腸ガンや、潰瘍性大腸炎などの可能性も考えられます

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る