下痢でお腹が痛い!?下痢を侮ると恐ろしい原因と対処法

Sponsored Links

「下痢」は、腸の動きが異常な状態になったときに起こります。そのため一番効果的なのは異常になっている腸を安静に保つ、ということになります。なるべくお腹を温めて、食事は消化に良いものを選ぶように心がけましょう。

下痢が激しかったり、長期間続くと、体内の水分や栄養分が失われていきます。結果、脱水症状や栄養失調を引き起こす可能性もあるため、高齢の方やお子様は、命に関わってくることもありますので、下痢のときは水分補給を心がけてください。

その際に効果的なのは、薄くした味噌汁やスポーツドリンクを、一度に多量にとるのではなく、少しずつこまめにとると良いと言われています。

下痢のときに避けた方がいいもの

慢性的に下痢気味の人にも該当しますが、カフェインなど腸を刺激してしまうものは、なるべく避けましょう。ダイエット飲料(ダイエットコーラなど)に含まれている人工甘味料も、なるべく避けることをオススメします。

意外に怖い「下痢」

前述しましたが、下痢によって水分や栄養分が体内から出ていってしまいます。短期間であればそれほど重く捉える必要はありませんが、これが長期的に慢性化してくると、途端に命に関わってくる原因となるのです。

発展途上国での主なタヒ因のひとつが「下痢」です。また「コレラ」や「赤痢」といった、感染症により引き起こされるのも「下痢」であり、慢性的に激しい下痢が長期化することにより、脱水症状、栄養失調となり、血行障害、血圧の低下、脈拍が早くなる不整脈(頻脈)、筋肉の痙攣、虚脱などを起こし、やがてタヒ亡します。

1日ぐらいであれば、そうたいしたことにはなりませんが、上記の対処を行っていても、2日続くようであれば通院を視野に入れ、3日続いているときは、なるべく早く病院へいきましょう。手遅れになると入院する必要が出てきてしまいます。

「下痢」の原因は?

原因は様々であり、食あたり、水あたり、消化不良以外にも、ストレスが原因となることもあります。「下痢」自体は、悪いものを体内から排出しようとする防衛反応なので、口から入るものに関しては、飲食料の品質管理、手洗いの徹底などを、事前に気をつけておけば、回避できる確率は格段に上昇するでしょう。

しかし原因がストレスになる場合、現状の社会生活において、ストレスを感じていることになるわけですから、具体的な改善策が、仕事や学校を変えるなど、生活環境を変える以外になくなってしまいます。いずれも、すぐに対応するのは難しいことなので、悪化する前に、なるべく早く医療機関に相談した方がいいでしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る