今すぐ試したい下痢の時に効くマッサージ法!

Sponsored Links

お腹を壊してしまった時の痛みは、とても辛いものですよね。トイレにすぐに行けないときや、安静に出来ない時は、その辛さは倍増してしまうでしょう。また、下痢が長引くと体力も消耗するので、全身倦怠感などを感じることもあるでしょう。

そんな辛い下痢のときに、症状が少しでもよくなれば助かりますよね。ここでは、下痢でお腹が痛いときに効くマッサージをご紹介します。

急な腹痛のときに使えるマッサージ

まずは緊急時の応急処置として使えるマッサージをご紹介しましょう。急におなかを壊したような腹痛を感じたときには、取り急ぎお腹を「の」の字の逆に撫でるようにマッサージをしましょう。へその辺りを中心にしてください。

手はあらかじめ温めてからマッサージをしましょう。冷えていると逆効果です。トイレに行けないけどお腹が痛いというような緊急時に行うと、一時的に便が出るのを止める効果があります。深呼吸をしながら落ち着いた気持ちで行うとより効果があります。

下痢の時のツボマッサージ

緊急時には、前述のマッサージを試して頂くとして、下痢の症状や痛みを緩和させるためのツボマッサージを、どこに居てもできるようなツボを中心にご紹介します。どのツボも、強くマッサージしすぎないように気をつけましょう。

合谷(ごうこく)

手の甲側の親指と人差し指の間にある骨の付け根部分の近くにあります。付け根から、少し指先の方向を押してください。ちょっと痛みを感じるくらい強く長めにマッサージをしましょう。

商陽(しょうよう)

人差し指の爪の付け根あたりに位置します。ボールペンなど先の尖った物で軽く刺激するのがいいのですが、すぐにそういったものが無ければ、指で指圧してもいいでしょう。

温溜(おんる)

肘関節と手首の真ん中に位置しますが、正確な場所は言葉では説明し辛いので、インターネットなどで検索してみてください。この部分を強く刺激すると、下痢の症状が緩和するでしょう。

肓兪(こうゆ)

へその左右、指1本分外側にあるツボです。ゆっくりと押し込むようにマッサージをしましょう。お腹が痛い時に定番のツボですが、どこでも指圧できるわけではないのが難点でしょうか。

これらは、その下痢が不規則な生活リズムや、ストレス性のものな場合に非常に効果を発揮します。ですが、マッサージは取り敢えず症状を緩和させるための手段と捉え、腹痛が続く場合には必ず病院での検査を受けるようにしてください。マッサージだけでは、一時的に症状の改善は出来ても、根本的な解決は不可能です。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る