お腹が痛い時や下痢の時にオススメする市販薬と注意事項

Sponsored Links

一言で「下痢」と言っても、症状は違ってきますし、服用する薬も変わります。急性の下痢と慢性の下痢でも違ってきますし、症状が下痢、腹痛だけのものと、吐き気や頭痛を伴うものとではもちろん変わってきます。

突発的なお腹の痛みや急な下痢で、病院に行っている時間がないとき、常備薬として家に置いておきたい市販薬は、どんな種類があって、どんな物が良いのでしょうか。自分が一番よく苛まれる症状の薬は、常にストックしておきたいものです。

また症状によっては、飲んではいけない薬もあります。その辺りもまとめてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

腸内を殺菌してくれる薬

代表的な市販薬として、「正露丸」「セイロガン糖衣錠」、「エクトール」「エクトール赤玉」「ビオフェルミン下痢止め」など。これらは、食あたり水あたりによる下痢やお腹が痛いときに服用するようにしてください。大腸菌や黄色ブドウ球菌など、原因となる菌を殺し、腸内の異常発酵を抑えてくれます

正露丸の成分に入っている「クレオソート」は、使いすぎると胃の粘膜が荒れてきます。下痢や腹痛には、効果は落ちますが「ビオフェルミン」などの整腸薬の方がオススメです。

しかし、高熱や嘔吐を伴う下痢の際は、感染性胃腸炎の可能性があるので、これらの服用はせずに、医療機関に相談してください。これらを服用することで、症状が悪化する危険があります。

腸内のぜん動運動を抑制する薬

代表的な市販薬として、「ロペラマックサット」「トメダイン」など。これらは過敏性腸症候群(IBS)など、ストレスや緊張からくる下痢や、生理周期、冷えによる下痢に効果があります。

下痢止めとしては非常に効果が高いのですが、食中毒食あたり水あたりなどの病原菌が原因の下痢や、食品アレルギー、抗生物質による下痢のときは服用しないでください。

それらの場合、体内から悪性の物質を排出しようとしてみられる下痢のため、下痢を止めることで、体内に病原菌などを残留させてしまう可能性があります。これらの症状が見られるときは、速やかに医療機関に掛かりましょう。

収れん性の止瀉薬

代表的な市販薬として、「ビオフェルミン止瀉薬」「エクトール赤玉」「ストッパEX」など。食べ過ぎ、水分の摂りすぎによる下痢はこちらです。それ以外にも過敏性腸症候群(IBS)などによる下痢にも効果的です。

しかし、高熱や嘔吐が併発しているときは、こちらを服用しないでください。またこれら市販薬で症状が改善されないときは、速やかに病院へいくように心がけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る