お腹のみぞおちあたりが痛い時は病気のサイン?考えられる病状と対処法をご紹介

Sponsored Links

腹痛は何らかの病気のサインである可能性がありますが、その中でもみぞおちの痛みというのは、怖い内臓疾患の場合があります。幾つかの病気と症状をピックアックしてみますので、この中に該当するものがあった場合、なるべく早く医療機関に相談しましょう。

いずれも放置すると、手術が必要となる大きな病気へと広がるする可能性が高いので、単なる「お腹の痛み」と侮って、無理しないように気をつけてください。尚、ここでは日常的な生活からおとずれるものは除外していますが、痛みが長期的に続くようであれば、やはり診察を受けるようにした方がいいでしょう。

腹痛を伴う病気の症状

1.胃潰瘍・十二指腸潰瘍

みぞおちが痛む際に、もっとも強く疑った方がいい病気です。この病気は、空腹時に痛みが多いのが特徴的であり、個人差がありますが、胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血、貧血、といった症状もみられます。

2.胃酸過多症

胸焼けやげっぷ、胃の中の酸っぱい液体が口の中まで逆流してくるのを感じたとき、胃酸過多症の可能性があります。胃酸液自体は、食後に多く分泌されるのでそこまで心配になることはありませんが、食後、二時間ほどしてもこういった症状が続く場合は、要注意となります。

3.急性胃炎

よく耳にする病名だと思います。それだけあって、胃の病気の中ではもっとも多い病気です。みぞおち付近に痛みを感じるだけでなく、強い吐き気があったり、嘔吐・吐血を繰り返したり、血便があったときは注意です。

一般的に数日間続きますが、その間に発熱や下痢なども伴うときは食中毒の可能性もあります。

4.慢性胃炎

急性胃炎との一番の違いは、突然症状に襲われる急性胃炎と違って、症状に対して無自覚である場合が多いです。もし、胃の痛み(特に空腹時や夜間)、胃もたれ、吐き気や嘔吐、胸焼けや食欲不振が、1ヶ月以上続いている場合は、慢性胃炎の可能性があります。

放置していると、胃がんなどに繋がる可能性もあるので注意しましょう。

5.虫垂炎

一般的には「盲腸」という病名の方がなじみ深いと思います。へそより少し上あたりの上腹部に、不快感や鈍い痛みを感じたのち、下腹部の右あたりに痛みを覚えたときは、虫垂炎の可能性があります。

同時に発熱や吐き気、便秘や嘔吐、食欲がなかったりすると可能性がさらに強まります。悪化すると虫垂部位に穴が空いてしまい、最悪の場合死亡することがあります

6.胃がん

がんの中でも死因になる可能性が高い病気です。その理由は、症状が下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血など、胃がん特有の症状がないため、軽視して放置してまった結果、発見が遅れてしまうケースとなります。

定期検査を行ったり、上記の症状が長期的に続いている場合は、早急に医療機関へ診察を受けるようにしましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る