プールに入ると腹痛が起こるのはなぜ?対処法もご紹介

Sponsored Links

夏になると、プールや海に泳ぎに行く機会が増えますね。プールで泳いだあと、よくお腹が痛くなるということはないでしょうか。

学生さんでしたら、プールの授業のあとは必ずお腹をこわしたり、腹痛になるという方がいるでしょう。プールに入ったあと、お腹が痛いという症状はどうして起こるのでしょうか。

冷えに弱い方は要注意

お腹が冷えると下痢になりやすいという方は、プールに入ると下痢になりやすいでしょう。プールは温水であったとしても、体温よりは水温が低いのではないでしょうか。また、プールに入る前のシャワーなどでも冷えますし、すぐに身体を渇かさなければ、身体が冷えてしまいます。

こういう体質の方は、なるべく身体が冷えないように気をつける必要があります。プールも普通の水温のプールよりは温水の方がいいでしょうし、プールから上がった後はすぐに着替えて身体を拭き、お腹を温めることが重要です。

少々暑くても、お腹だけは温めるように心がけましょう。カイロなどを使ってみてもいいでしょう。

ストレスからくる腹痛

学生の方で、泳ぐのが苦手だったりしてプールの授業が嫌いだという方は、ストレスや緊張から腹痛になることもあるでしょう。こういう場合は、プール嫌いを治せばストレスを感じなくなりますが、そうそう簡単に出来る事ではありません。

何度かプールの授業を受ければ、慣れて大丈夫になるかもしれませんが、どうしても極度にお腹が痛くなるのであれば、プールの授業を見学するという選択肢もあります。もしもプールの授業後にお腹が痛くなった場合には、お腹を温め、安静にしましょう。悪い病気ではないですから、気持ちを落ち着けることが大切です。

プールの水を飲んでいるかも

冷えにもそんなに弱いタイプではなく、ストレスも感じていないのであれば、プールの水を飲み過ぎている可能性があります。特に小さいお子さんなんかだと、プールの水を飲んでしまっても気にしないでしょうから、水を飲んでいるとは気づき難いかもしれません。

プールの水は沢山の人が使っていますし、たまにおしっこをしてしまう子もいますから汚いものです。これを大量に飲んでしまうと、お腹を壊してしまうこともあるでしょう。

プール熱

プールに関する病気で、プール熱というのがあります。これは、アデノウイルスというものによる感染症で、咽頭結膜熱といいます。症状は腹痛や下痢だけではなく、発熱、喉が腫れて痛い、目がかゆい、頭痛など風邪によく似た症状があります。

もしもこの病気にかかってしまったら、学校などは休み、感染をさせないようにすることが必要です。もしも、プールのあとに腹痛に併せてこういった症状が出た場合には、すぐに病院で受診しましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る