筋肉痛でお腹が痛い!そんな時の対処法はコレ!

Sponsored Links

運動をしすぎた翌日、筋肉痛でお腹が痛いということがあるでしょう。お腹の筋肉は様々な動作で無意識に使っているものですから、ちょっと動く度に痛んだり、咳やくしゃみの反動で痛んだりすることもあります。

筋肉痛ですから、心配するようなことではありませんが、出来れば痛みを感じない方が生活がしやすいですよね。ここでは、筋肉痛でお腹が痛い場合の対処法について掘り下げて行きます。

あまり動かないこと

筋肉痛への対処は、まず悪化をさせないことが大事です。今ひどい筋肉痛を感じているなら、激しく動く事は控えましょう。なるべく痛みを感じないような動きをするべきです。筋肉痛での痛みは、早ければ1日でなくなりますから、その間だけ行動をセーブすると治りが早くなります。

マッサージをする

痛みが激しいときには逆効果になりますが、ある程度痛みが落ち着いているときは、筋肉痛の部分を温めてマッサージするといいでしょう。あまり強くマッサージしすぎると却って痛めてしまいますから、温めながらさするような感じで行いましょう。

ストレッチをする

ストレッチも、痛みが激しいときには逆効果です。ある程度痛みがおさまっているときに行いましょう。筋肉痛になっているときは、その部分を動かさないようにしてしまうでしょう。そうすると血流が悪くなり、逆に痛みの原因になってしまいます。

そうならない為にも、ストレッチは有効です。但し、ストレッチのし過ぎには要注意です。却って筋肉痛が悪化してしまう事があります。

沢山寝る

一番安全且つ、確実な方法はしっかりと休息・睡眠を取る事です。筋肉痛になった部分の筋肉は突然の運動による疲労を感じています。寝ている時は成長ホルモンが分泌され、その働きは筋肉の回復に大きく関わっています。

出来れば、夜10時から午前2時までの成長ホルモンが活発になる時間に、睡眠を取れるといいでしょう。

たんぱく質をとる

筋肉はたんぱく質から作られます。そして、たんぱく質は筋肉の回復にも貢献してくれます。ですから、筋肉痛の時はたんぱく質を摂ることで、回復速度を速めることができます。特に豚肉はビタミンB1も含まれているので、おすすめです。ビタミンB1を摂ると、筋肉痛が残り辛くなる効果があります。

痛み止めについて

筋肉痛の痛みが邪魔をして、日常生活に支障をきたす場合もあるでしょう。特にお腹の部分は様々な動作毎に使用するので、痛みを感じる機会が多くなってしまいます。ですが、安易に痛み止めを使ってしまうと、痛みに鈍くなり、通常なら激痛を感じているはずの動きでもついついやってしまうということもあるでしょう。

どうしても服薬の必要がある場合を除き、筋肉痛に痛み止めはあまりおすすめできません。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る