ガスが溜まってお腹が痛い!ガスが原因の腹痛の対処法とは?

Sponsored Links

おなかが張って痛い、苦しい、こういった症状はありませんか?それはガスが溜まっているのが原因かもしれません。女性で、便秘症の方に特に多いようで、ガスが全然出ていないなら、おそらく該当するでしょう。

とは言っても、ところ構わずガスを出すというのも、人間社会上なかなか難しいもので、若い女性であればなおさらです。ではどうすれば、ガス溜まりは改善されるのでしょうか?

幾つかのポイントがありますので、どうしてもおなかが張って苦しい方や、痛くてどうしようもない方は、抑えておきましょう。

ガス溜まりの原因

昔から両親によく言われた経験があると思います。「よく噛んで食べなさい」と。確かに迷信めいた言葉であり、子供時代はあまり信用しなかった節がありました。昨今、この言葉が間違いでなかったことが証明され、ネットなどでよく見かけるようになったことでしょう。

あまり噛まないで食べることによって、食べ物に元々含まれている空気も一緒に飲み込み、それがガスとなっておなかに入ります。便秘の人はここで排出されないため、それが溜まっていき腹痛へと繋がっていきます

また、食事中に喋るのも空気を飲み込んでしまうので、おならの原因となりがちです。これも子供の頃に両親に言われたのではないでしょうか。炭酸飲料もガスが溜まりやすくなるので、注意した方がいいでしょう。

溜まってしまったときは

いくら気をつけても、まったくガスが溜まらなくなるというのは難しいかもしれません。では、実際にガスが溜まってしまったとき、どのような改善策があるのでしょうか。一番手早く解決できるのが、薬を服用することです。

今であればTV CMなどでもおなじみの「ガスピタン」という薬があります。評判も上々のようなので、困っている方は試してみるのも手でしょう。薬はあまり飲みたくない、という方や、お金をかけたくない、という方は、ガス抜きマッサージを試してみましょう。

へその周囲に相手から見て「の」の字を描くように、時計回りでおなかを撫でるだけです。このとき手は温かい方が効果的なので、手が冷たくなっている方は、おなかの上にタオルを置くか、手袋をはめたりして調整しましょう。

実際に腹痛が発生しているときにも効果的なマッサージですので、おなかが温かくなってくると、痛みも和らいできたり、便意がくることもあると思います。便意がきたときは、我慢せずにトイレにいきましょう。

これらを試してみても一向に改善されない、痛みがひどくなったときは、消化器官など内臓疾患の可能性がありますので、かかりつけの医院へ相談しましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る