食べすぎでお腹が痛くなる理由と対処法とは?

Sponsored Links

外食をするとついつい食べ過ぎてしまってお腹が痛くなるという方は少なくないでしょう。特に食べ放題なんかに行くと、元を取ろうと必死に食べる方が多いでしょう。

お腹の許容量を超えて食べると、お腹が痛くなります。ここでは、食べ過ぎでお腹が痛くなる原因と対処法について解説していきましょう。

消化不良

食べ過ぎでの腹痛で真っ先に考えられるのが、消化不良です。沢山食べると、胃が食べ物を消化する速度が間に合わず、胃に食べ物が残ってしまいます。この場合の腹痛は、みぞおち周辺が痛んだり、胸焼け、むかつきの症状があるでしょう。あまりに食べ過ぎていると吐き気を感じることもあります。

消化不良の場合は、安静にしていればそのうち消化が終わりますから、自然に症状がなくなっていくでしょう。その間は追加で物を食べないことをおすすめします。水分は取ってください。

あまりに辛いときや、仕事などで安静には出来ない場合は、消化促進薬を服用しましょう。この時に、胃が痛いからと胃薬を安易には飲まないように。胃薬はそれぞれ効能が違うため、胃酸の分泌を抑えるようなタイプの胃薬を飲んでしまうと逆効果です。

食べ過ぎによる下痢

食べ過ぎが重なると、下痢になってしまうことがあります。これは、続く食べ過ぎにより胃が弱くなっている時に更に食べ過ぎることで、胃腸が過剰に労働することにより起こります。何かにあたっているわけではないので、下痢の症状は比較的軽度なことが多いでしょう。

食べ過ぎにより下痢になってしまった場合は、安静にして、こまめに水分補給をし、食べ物を食べるなら腹痛の症状がおさまるまでは、なるべく固形物は控えましょう。胃に負担のないような食べ物を食べることを心がけてください。

また、症状が治ったからといって、安心して食べ過ぎてしまうと、また胃腸の調子が悪くなってしまいます。あまりこれを続けると、慢性胃炎などに発展してしまうので、注意が必要です。

胃液の過剰分泌

食べ過ぎると、食べた物を消化する為に胃液が大量に分泌されます。胃液が分泌されすぎると、胃の粘膜が傷つき、胃が痛いという症状が現れます。これは放っておくと胃潰瘍にも発展する可能性があります。

胃液が大量に分泌されて、胃が痛い場合は、胃酸の分泌を抑えるタイプの薬を服用するといいでしょう。たまたま食べ過ぎた時にこういった症状が出る場合は、それ程心配する必要はありません。1日〜数日で症状は改善するでしょう。

食べ過ぎによる腹痛は、多くの場合数日で完治するので、そんなに心配することはありません。ですが、食べ過ぎることにより、胃や腸に過度な負担を与え続けていると、大きな病気に発展する場合もあります。普段からあまり食べ過ぎないよう、腹八分目を心がけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る