外出するとお腹が痛くなる原因はなに?対処法はあるの?

Sponsored Links

よくお腹が痛くなる方々の中には、外出をすると必ず腹痛に襲われるという方がいらっしゃいます。特に他に腹痛の原因となるものが無い場合、これは精神的なストレスからくる腹痛でしょう。
外出するとお腹が痛くなると思うと、外出するのが憂うつになってしまいますよね。

ここでは、外出するとお腹が痛いという症状について、原因と対処法をご紹介していきましょう。

外出するとお腹が痛くなる原因

外出すると必ずお腹が痛い場合、一番の有力候補は「過敏性腸症候群」です。これは、自律神経失調症の一種なのですが、原因はストレスだと考えられています。つまりこの場合、外出すること自体へのストレス、若しくは外出したときに腹痛を感じるかもしれない・・・という不安感から、腹痛が生じてしまっている状態なのです。

また、一度外出先で起こった腹痛が原因で、それがトラウマのようになって「外出するとお腹が痛い」と思い込んでしまっても、お腹が痛くなるでしょう。殆どの場合は、重篤な病気ではありません。ですが、外出すると必ず腹痛があるという症状は大変厄介なものですから、治療を行う必要があるでしょう。

まずは病院で検査を

外出すると必ずお腹が痛くなるという方は、まず医療機関で受診してください。何故かと言うと、もしかすると重篤な病気かもしれないのと、そうではなかった場合は、何か悪い病気なのでは?という不安感を無くす為です。

その不安感がなくなるだけで、この症状は少し緩和されるかもしれません。検査の結果、何もなければ多くの場合は「過敏性腸症候群」だと診断されるでしょう。症状が重く、外出が困難に成る程の場合には、抗不安剤などが処方されることもあるでしょう。また、過敏性腸症候群を改善する為の生活指導なども行われます。

薬に頼らない対処法

一番良い対処法は自分を安心させることです。気にし過ぎないことが一番良いのですが、それが難しいから腹痛が起こってしまうんですよね。外出をしたら、まずはトイレの場所を確認しておいたり、可能であれば、外出前からトイレのチェックをしておくことで、幾分安心できるでしょう。

また、一緒に外出する相手にも理解を求めておくといいでしょう。車で遠出をする時には、高速道路よりは一般道を使った方がいいかもしれません。高速道路では渋滞に陥ったりすると対処が出来ない為、不安感からますます腹痛が酷くなってしまうかもしれません。

一般道でしたらコンビニなどはどこにでもありますから安心でしょう。絶対に大丈夫だという暗示をかけるのも、効果があります。抗不安剤などを服用していても、こういった対処法は有効です。

腹痛になってお腹を下すなら便秘にはなりませんから、便秘よりはマシだ!と明るく捉えるという方法もアリでしょう。そんな風にうまくつきあっていけば、次第に外出した時の腹痛に恐れなくてもよくなるでしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る