お腹痛い原因はストレス?IBS(過敏性腸症候群)の疑いがある場合は医療機関へ相談しましょう

Sponsored Links

「緊張するとおなかが痛くなる」という症状に悩まされている方、もしかすると怖い病気かもしれません。単に腹痛と言っても症状は様々で、「冷え」からくる日常的な腹痛であったり、食べ過ぎによる腹痛や、下痢を患っているときの腹痛。しかし、いずれも不定期でおとずれるものです。

「緊張すると~」というのは、定期的におとずれるものであり、症状に悩まされている方は、「こういうときにくる」、「あ、ヤバイ。くる」というのが事前にわかるのではないでしょうか。そうであるとすれば、その悩みも他人には計り知れないものになります。

原因はストレスかもしれません

 一定のケースで、一定以上のストレスを感じると腹痛になるのであれば、それはIBS(過敏性腸症候群)かもしれません。電車や車の中などでおなかが痛くなる、通学、授業、試験中におなかが痛くなる、会議の前におなかが痛くなる、これらの症状が頻繁、定期的に繰り返されるならIBSを疑った方がいいかもしれません。

ストレスを生み出す要素

ストレスが発生する要因は様々ですが、上記のような決まった状況で腹痛が発生する方は、自宅などではあまり起こらないのではないでしょうか。れはつまり「トイレに自由に行けない」、という圧迫がストレスを生み出しているのではないかという考えです。

トイレに行けない > ストレスや緊張を感じる > おなかが痛くなる > トイレにいけない……。といった悪循環になっていそうです。こういった悪循環が慢性化することで、事前に、さらなる緊張やストレスを感じてしまう、その結果、確定的に腹痛が発生しているかもしれません。

体質だとあきらめていた方へ

 医療は日々進化しています。数年前は治療が困難、そもそも病気だと認定されていなかった、手術が大がかりだった、などの病気や怪我でも、おどろくほど簡単に治療できてしまい、拍子抜けするケースが多々あります。もっと早く病院へ行っておけばよかった、と後悔するかもしれません。

IBSを患っていると、集中できなかったり、緊張したりする場を避けてしまったりなど生活を満喫できず、人生の質が低いものになってしまうことも考えられます。鬱病などもその典型的な例だと言えるでしょう。

IBSも同じように脳から腸に伝わって、神経伝達物質であるセロトニンが過剰に分泌されることが原因となっています。また腹痛に由来する不安を慢性的に感じていることで、鬱病が発症する可能性もあるので、まずはかかりつけの医療機関へ相談しましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る