外出先などで急にお腹が痛くなったときの対処法

Sponsored Links

外出しているときなどにおとずれる、急な腹痛。誰でも経験があると思います。すぐにトイレに入れたり、薬を飲めればいいのですが……。そうもいかないときってありますよね。気持ちもブルーになりますし、行動や発言も消極的になります。これが授業中や仕事中だったりすると、もう大変です。

そんなとき、あなたはどうしていますか?

誰に教わったわけでもないのに、テクニックは皆さんある程度収束してくるようです。以下に、特に多い改善策をまとめてみました。

お腹をさすってみる

 腹痛に見舞われたとき、ほとんど無意識におなかをさすってしまいます。これには医学的根拠があるようで、腸の動きとは逆回転にさすることで腸の活動を抑える効果があるそうです。具体的には、へその周囲に円を描くように右から左へとゆっくりマッサージを行うことです。

お腹を温めるのも効果的

 これも腸の活動を落ち着かせる効果があるので、優先的に試したいテクニックです。上記の「さする」と併せて行うことで、痛みもすぐに治まるかもしれません。しかし、あくまで「冷え」が原因の腹痛に対してのみ行ってください。

消化器などの器官が原因の場合、症状が悪化する可能性がある点に注意です。「いつもと違う痛み」や「痛みが長く続く」ときは、医療機関にかかりましょう。

ちょっと痛いくらいなら気をそらすことも効果的

 本格的な痛みでない限り意外に効果が高いのが、この違うことを考えたりして気をそらすことです。このとき、意識の占有率が高いことを考えるようにすると、上手くいくことが多いと思われます。

例えば、「今日の晩ご飯は何にしようか」などということを考えても、割とどうでもいい日常の悩みに過ぎないので、痛みの方が勝ってしまったりします。しかし、近日中におとずれる「嫌なこと」などを考えると、そのことで頭がいっぱいになったりするので、痛みの方は忘れられる可能性が高いです。心情的に「嫌なこと」を考えるのは気が引けますが……。

もちろん楽しみにしていることを考えても上手くいくとは思いますが、楽しみにしていることは、人によってまちまちであったり、落差が激しかったりするので一概には言い切れません。

「今日帰ったら○○しよう」ということを考えたとき、○○の中に入る言葉にもよるので、すごく楽しみにしている人もいれば、そうでもない人もいるためです。「病は気から」ということわざがありますが、バカにはできない効果があります。

そもそも多くの病気や怪我は、ほとんどが人間本来に備わっている自然治癒力であったり、免疫力で直接治しています。薬などは一時的に沈静化させたり、治療に対しての補助を行っているに過ぎないということです。

結論

結論から言うと、温めながら腹部をマッサージし、嫌なことを考えると痛みをすぐに忘れられるかもしれません!くれぐれも本格的な痛みの場合は、トイレに行ったり、薬を飲んだりして、痛みが長く続くときは医療機関に掛かりましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る