お腹が痛い時や下痢の時にバナナを食べるのはいいの?

Sponsored Links

便秘解消のためにバナナを食べたり、バナナが入ったジュースやスムージーを作るという方は少なくないでしょう。なんとなく便秘に良いイメージのあるバナナですが、お腹を壊しているときには食べてもいいものなのでしょうか。

ここでは、バナナの効果などについてご説明していきます。

お腹がゆるくなっている時にバナナを食べてもいい?

バナナは便秘に効果があるというイメージがある為、お腹の調子があまりよくないと、食べてはいけないと思ってしまいそうですね。ですが実際は、バナナは下痢にも便秘にも効くのです。

バナナに含まれている食物繊維は、下痢よりは便秘に適しています。ですから、下痢のときに食べ過ぎると、下痢の症状が悪化してしまうおそれがあります。

ただし、よく熟しているバナナや潰したバナナに限っては、消化に良い為、下痢であまり固形物が食べられない時に食べるのには適しています。更に、バナナにはオリゴ糖が含まれていて、腸内環境の改善にとても役立ちます。オリゴ糖は消化し難い為、酷い下痢のときにはあまり向いていないかもしれませんが、軽度の下痢の場合でしたら、寧ろ症状を改善する効果があるでしょう。

バナナは南国の果物のため、身体を冷やしてしまう場合もあります。ですから、下痢がひどいときには避けた方がいいでしょう。

上記の情報では、結局下痢でお腹が痛い時にバナナを食べてもいいのかダメなのか、解らなくなりそうですね。次に、下痢の時のバナナの食べ方についてご説明しましょう。

下痢の時の正しいバナナの食べ方

まず、下痢の症状が酷いときにはバナナは避けてください。症状が軽度〜中度の場合であれば、食べても問題ないでしょう。出来れば、黒い点が現れた柔らかいバナナを食べるのが良いでしょう。消化に良いからです。ですが、どうしてもそういうバナナを用意するのが無理な場合は、普通のバナナをつぶしたり、よく噛んで少量を食べましょう。

焼いたバナナも温かいので、身体を冷やすのを避けるという意味ではいいかもしれません。いずれの場合も、食べる量は1本までにしておきましょう。

因みに今下痢の症状が無い方の場合には、下痢の予防策としてバナナを食べてもいいでしょう。その場合も食べ過ぎには注意しましょう。1日1本が適量なのではないでしょうか。バナナを日常的に食べると、オリゴ糖の働きにより腸内環境が整い、下痢にも便秘にもなりにくくなります。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る