パイナップルを食べるとお腹が痛くなる原因とは?

Sponsored Links

パイナップルは缶詰以外ではそんなに身近な果物ではないかもしれません。生のパイナップルを食べると口が痛くなるから嫌いだという方も少なくないでしょう。稀に、口だけではなく、お腹が痛くなってしまう方もいるようです。

パイナップルを食べるとお腹が痛くなる原因とはなんなのでしょうか。ここでは、パイナップルについて詳しく説明しましょう。

パイナップルと腹痛

パイナップルを食べると口の中が痛くなるという症状は、かなり多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。これは、パイナップルに含まれているブロメラインという消化酵素がとても強力で、たんぱく質の消化を得意とする酵素だからです。

口の中のたんぱく質が消化されるために、口の中が痛くなるのですね。ですから、パイナップルを食べた後は口の中をゆすいで、この消化酵素を洗い流す必要があります。口の中だけではなく、食道にも影響がありますから、食道に残っている消化酵素も洗い流す為に、パイナップルを食べた後は水分を飲む必要があります。胃の中に入ってしまえば通常は問題ありません。

但し、空腹時にはこの強過ぎる消化酵素の働きの所為で胃を痛めてしまうことがあります。空腹ではなくても、食べ過ぎてしまうと胃が荒れてしまいますし、身体が冷えてしまってお腹をこわしてしまうこともあるでしょう。実はパイナップルは下痢体質にとても効果があるのですが、食べ方を間違えるとそれが逆効果になってしまうのです。

パイナップルの正しい食べ方

前述のとおり、パイナップルの消化酵素で口の中や食道を痛めない為に、消化酵素を洗い流すということも大切です。それに加えて、胃痛や下痢を引き起こさない為にはどうしたらいいのでしょうか。

まずは、パイナップルを食べるときには食後すぐに食べるということです。こうすれば、パイナップルに含まれる消化酵素が消化を促進してくれますから、消化不良になることはないでしょう。消化不良による胃痛や下痢に悩んでいる方には、大変おすすめできます。

但し、パイナップルのような南国の食べ物は身体を冷やす作用があります。身体が冷えてしまうと全体的な胃腸機能が低下する為、お腹の調子が悪くなります。ですから、適量をわきまえるという事が肝心です。

因みに、缶詰のパイナップルは、生のパイナップル程気をつける必要はありません。缶詰になっているパイナップルの消化酵素は既に死んでいるからです。美味しくパイナップルを食べたいという場合には缶詰でもいいでしょうが、パイナップルの効果を期待する場合には必ず生のパイナップルを購入しましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る