ピーナッツの食べ過ぎが腹痛の原因?対処法はあるのか?

Sponsored Links

おつまみに最適なピーナッツ。どこでも気軽に買えることも大きな魅力ですね。ですが、ピーナッツって一度食べ始めると結構大量に食べてしまったりはしませんか?

ピーナッツは食べ過ぎるとお腹が痛くなったり、便秘や下痢になってしまうことがあります。ここでは、ピーナッツと腹痛の関係についてご紹介しましょう。

ピーナッツを食べ過ぎた時のリスク

ピーナッツは冷え性に効果がありますし、動脈硬化、心臓病、高血圧などを予防する作用があります。またビタミンEが含まれているので、アンチエイジング効果もあるでしょう。女性にはとても嬉しい食べ物ではないでしょうか。

ですが、ピーナッツはカロリーが高いので、食べ過ぎると太ってしまいます。さらに、皮に含まれているタンニンが腸の働きを弱くするので、便秘になってしまうこともあります。便秘が酷くなると、キリキリとした腹痛を感じる事もあるでしょう。

また、ピーナッツに含まれているビタミンは消化吸収率があまりよくありません。ですから、食べ過ぎてしまうと消化不良を引き起こし、お腹が痛いという症状が出てくる場合があります。胃腸が弱い方だと、お腹を壊してしまう事もあるでしょう。こうなってしまうと、肌の調子も悪くなりますから、注意が必要です。

ピーナッツの食べ過ぎによる腹痛の対処法と予防

食べたものがなんであれ、食べ過ぎによる腹痛は頻繁に起こることでなければ、それ程心配することはありません。便秘になってしまった場合は、便秘マッサージや軽い運動、水分摂取、腸内環境の改善などに力を入れれば、すぐに腹痛はおさまるでしょう。

もし消化不良により胃が痛かったり、下痢になってしまった場合も、症状が治るまでは消化に良いものを食べ、冷たい物は飲まないなどという対策で十分です。

ピーナッツによる腹痛を防ぐ為には、当たり前ですが食べ過ぎないことが肝心です。特にお酒のおつまみとしてピーナッツを食べ過ぎると、アルコールの作用も重複して、お腹が痛くなりやすいでしょう。

アルコールで酔ってしまったときは、食べ過ぎに気をつけることが難しいかもしれませんので、最初からピーナッツの量を調整しておくといいかもしれません。1日の適量は30粒まででしょう。

ピーナッツは食物繊維が豊富ですから、食べ過ぎに気をつければ、寧ろ便秘に効果を発揮する事もあります。どんなものでも、食べ過ぎはよくありません。折角色々な良い効果もあるピーナッツですから、適量までで抑えられるように心がけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る