プルーンは便秘解消に効果あるのか?食べ過ぎると腹痛や下痢も引き起こす!?

Sponsored Links

プルーンは、便秘解消にとても役立つ食べ物です。便秘を解消するために、日常的に食べている方もいらっしゃるでしょう。しかし、プルーンがなぜ便秘に良いのかを理解して摂取している方は少ないのではないでしょうか。それ故に、食べ過ぎてしまってお腹が痛いということもあるかもしれません。

ここでは、プルーンが便秘解消に効く理由について掘り下げていきましょう。

プルーンが便秘解消に良い理由

プルーンは食物繊維を豊富に含んでいます。食物繊維はご存知のとおり、便秘解消にとても役立つ栄養素ですね。プルーンの場合は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含んでいるため、更に有能なのです。不溶性食物繊維は、便の量を増やし、ぜん動運動を活発にしてくれる効果、水溶性食物繊維は、善玉菌を増やしたり、大腸粘膜を増殖させる効果があります。

食物繊維の他にも、プルーンにはソルビトールという甘味料の一種が含まれています。ソルビトールはカロリーが低く様々なお菓子に砂糖の代わりとして使用されている他、糖類下剤という種類の便秘薬などにも含まれています。ソルビトールは便が硬くなるのを防ぐ効果があるので、便秘によく効くのです。

プルーンは食べ過ぎるとお腹がゆるくなる

前述のとおり、プルーンには大変優れた便秘解消効果があるのですが、反面食べ過ぎてしまうと、お腹がゆるくなってしまうこともあります。よく、飴やガムのパッケージに「一度に大量に食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」という注意書きを目にしたことはないでしょうか。

そういうことが書いてある飴やガムには、ソルビトールが含まれているでしょう。便秘の時にソルビトールを摂取すると、確かに便秘は解消されるのですが、これを摂りすぎてしまうと逆にお腹を壊してしまうのです。便秘で辛いときには、寧ろ少々お腹が壊れてもいいのかもしれませんが、便秘解消以外の目的でプルーンを摂っているときには、お腹が痛いのは困りますよね。仕事があるのに腹痛が治まらないという症状も困るでしょう。

ですから、プルーンを食べる時には、食べ過ぎないように注意することが肝心です。自分にとっての適量がわからなければ、まずは少量から初めて様子を見てみると良いでしょう。全く便秘が解消される気配がなければちょっとだけなら増やしても構いません。

体質や便秘の度合いにもよりますが、1日に100グラム以上のプルーンを食べてしまうとお腹が壊れるかもしれません。一度プルーンでお腹が壊れる位でしたら、そこまで心配することはありませんが、慢性的な下痢にならないように食べる量には気をつけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る