プロテインを飲むとお腹が痛くなったりお腹を壊すことはあるのか?

Sponsored Links

筋肉増強やダイエットのためにプロテインを摂取する方が増えて来ています。プロテインはたんぱく質で、筋肉を作る元になります。ダイエットに使用されるのも、筋肉がつけば、脂肪がつくよりも痩せやすい身体になり、引き締まるからです。

そんなプロテインですが、日常的に摂取しているとお腹が痛くなった経験のある方はいらっしゃるでしょうか。
ここでは、プロテインと腹痛についてお話していきましょう。

プロテインを飲むと腹痛になる?

全ての方がプロテインを飲むとお腹が痛くなったり、お腹をこわすわけではありません。プロテインには種類がありますが、その中でも「ホエイプロテイン」というものを摂取している方で、牛乳を飲むとお腹を壊すという方は、プロテインでもお腹が痛くなったり、下痢になったりします。

これは、ホエイプロテインと牛乳に共通して含まれる乳糖の所為です。因みに、通常は牛乳を飲んだだけではお腹がこわれることはないという方でも、ホエイプロテインを牛乳で飲んでいるのであれば、お腹が痛いという症状が現れることもあります。通常の摂取量なら乳糖を分解出来る身体であっても、牛乳+ホエイプロテインと大量に乳糖を摂取すると、分解しきれないということも起こり得ます。

また、乳糖を摂取していることは関係なく、単にサプリメントのプロテインが身体に合わず、消化しきれなくて便秘になったり、逆に下痢になってお腹が痛いという方もいらっしゃいます。

プロテインからくる腹痛の対処法

乳糖が基本的に受け付けない方の場合は、ホエイプロテインではなくソイプロテインを摂取しましょう。ホエイプロテインよりも粉っぽく飲み辛いですが、お腹をこわすことは減るでしょう。ソイプロテインとは大豆のたんぱく質から出来ているものです。吸収はホエイプロテインよりも遅くなってしまいますが、効果はちゃんとあります。

日常的には牛乳を飲んでも特に問題がないという方は、ホエイプロテインを飲むときは牛乳で飲まずに水で飲むようにすると症状が改善する可能性があります。水でも牛乳でもそんなに効果に違いはなく、水のほうが吸収が早いくらいです。牛乳よりは水の方が飲み難いと感じるかもしれません。

ソイプロテインにしてみても、水で飲んでみてもお腹の調子が悪いというプロテインがそもそも体質に合わないという方は、乳酸菌を一緒に摂ってみるといいでしょう。腸内環境が悪いところに、大量のたんぱく質を取ると、腸内環境がもっと悪くなってしまいます。そこで乳酸菌をとることで腸内環境を改善することで、腹痛がなくなるでしょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る