牛乳を飲むとお腹が痛くなるのはなぜ?

Sponsored Links

牛乳は殆どの方には無害な、寧ろ健康に良い飲み物ですが、牛乳を飲むとお腹が痛いという症状を持つ方がいます。牛乳を飲むと必ずお腹が痛くなるような方だと、牛乳が苦手になってしまうでしょう。そういう方に無理矢理牛乳を飲ませてはいけません。

また、普通の方でも飲み過ぎるとお腹を壊してしまう事があります。牛乳を飲むとお腹が痛くなるのは何故なのでしょうか。

牛乳でお腹をこわすのは「乳糖」が原因

牛乳には、乳糖という糖質が含まれています。牛乳がちょっと甘いのは、この乳糖が含まれている為です。この乳糖を体内で分解するためには、ラクターゼという酵素が必要なのですが、体質的にこのラクターゼが少ない場合、乳糖が消化されず、お腹が痛くなってしまうのです。

ラクターゼは、赤ちゃんの頃は母乳を飲む為活発です。ですが、大人になるにつれ、乳糖を分解する機会があまりないと、どんどんラクターゼの機能が弱くなってしまいます。ラクターゼが少なくなると、多量の牛乳を飲むとお腹がこわれるということになるのです。

このラクターゼが体質的に分泌され難い方々のことを「乳糖不耐症」といいます。これに当たる方は、牛乳を飲むと必ず腹痛になるという方も少なくないでしょう。症状の重い方では、乳糖が含まれる物は例えその量が少なくても、摂取するとお腹が痛くなり、全く口にできません。

牛乳でお腹を壊さない為に

牛乳でお腹がゆるくならないようにするためには、牛乳を飲まないのが一番の対処法です。特に、絶対に下痢になってしまうという方は、牛乳を飲まないことをおすすめします。

そこまでの重度な症状ではなく、お腹がゆるくなる程度の方であれば、大量に飲むのを避ければいいでしょう。冷たい飲み物を飲むとお腹が冷え、お腹を壊しやすいですから、飲む時にはホットミルクにすることをおすすめします。一度に一気に飲むのではなく、少しずつゆっくり飲むようにするのもポイントです。

そういった対策をしながら、毎日のように牛乳を摂取していると、ラクターゼが活発になり普通に牛乳を飲んでも腹痛の症状は出ないようになるでしょう。

但し、乳糖不耐症の症状が重たい方は、安易にこれを試さないように気をつけてください。出来れば、一度専門医に相談してみたほうがいいでしょう。

牛乳を他の食べ物と摂取するのも、腹痛の予防策になります。食事中に飲んだり、料理煮使うなどです。また、チーズも乳糖が少ないので牛乳が苦手な方でもおすすめです。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る