焼肉食べるとお腹が痛くなって下痢になる原因はこれ!

Sponsored Links

ちょっと贅沢にご飯を食べに行くというとき、焼肉が思いつく方は多いのではないでしょうか。大勢で集まって焼肉食べ放題に行ったりということも少なくないですよね。ですが、焼肉が大好きでも、何故か焼肉の次の日にはお腹が痛いという方がいるでしょう。酷い下痢になることもあるのではないでしょうか。

ここでは、焼肉を食べたら下痢になる原因についてご紹介していきましょう。

その腹痛は肉の脂の摂り過ぎ

焼肉に行くと家で焼肉をする時に比べて、沢山食べませんか?しかも国産牛なんかを選んじゃったりして、肉の脂をいっぱい摂るのではないでしょうか。この肉の脂を多く摂りすぎてしまうと、お腹がゆるくなり、特に肉の脂に慣れていない方、お腹が弱い方なんかは、翌日に腹痛や下痢の症状が出てしまいます。

どういう原理か言うと、脂の分解は腸が腸液を出して行うのですが、いつもに比べて摂取した脂の量が多いと、腸もそれを分解しようといつもより腸液を多く出します。その多くの腸液により、下痢になってしまうということなのです。こういった場合はあまり心配することはありません。

こんな場合も・・・

単に食べ過ぎ飲み過ぎなだけという場合もあります。焼肉屋さんには肉以外のサイドメニューも沢山ありますし、ドリンクも豊富です。そんな中で、肉に限らず大量に食べたり飲んだりしていたら、腸の動きが活発になってしまい、お腹をこわしてしまいます。

また、肉の表面だけを焼いたレア状態で食べたりすると、お腹を壊す場合もあります。牛肉であれば通常は問題ないかと思いますが、お腹が弱い方や体調不良の場合は、生焼けだとお腹を壊しやすくなってしまいます。また、焼肉ではにんにくを沢山摂取してしまうこともあるでしょう。にんにくの食べ過ぎも腸に刺激を与えてしまって、結果お腹を壊してしまう事があります。

焼肉でお腹を壊さない為に

焼肉でお腹を壊しても、殆どの場合はそこまで心配することはありません。ですが折角の焼肉で毎回お腹を壊したくはないですよね?焼肉でお腹を壊しやすい方は、食べ過ぎないことと、よく噛んで食べることを心がけましょう。あまり肉ばかりを食べずに野菜や穀物を摂取する事も予防策になります。

また、生焼け状態で食べずによく焼いて食べることで、下痢にならなくなる場合もあるでしょう。特にちょっと疲れているときは普段より身体が弱っていますから、注意をしましょう。焼肉に合わせてビールなどのアルコール類、ソフトドリンクを大量に飲んでしまわないことも重要です。特にビールなどのアルコール類は飲み過ぎに気をつけましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る