子供がお腹痛いと訴えた時に注意する病気とは?

Sponsored Links

お子さんが訴える腹痛には、どういった病気が考えられるのでしょうか。体の機能がまだ未発達で抵抗力も弱いため、子供の具合が悪くなるのは、不思議なことではありません。

まだ言葉をうまく話せないお子様だと、ご両親の不安も自分のこと以上になると思います。どこが痛いのか、どういった症状が出ているのか、その辺りをご紹介していきますので、実際の状態と見比べてみてください。

便秘や腸のガスが溜まっている

下腹部が張っていたり、押すと痛がったり、便が出ていなかったりする場合は、こちらの可能性があります。

おなかのマッサージをしてあげたり、市販の浣腸を使うことで便とガスが出て改善されます。正しい使い方がわからない、といった場合は小児科でも浣腸をしてくれるので、不安な方は、かかりつけ医に相談しましょう。

胃腸炎

吐き気や下痢の症状がみられる場合、胃腸炎を疑いましょう。安静以外には、避けた方がいい飲食物もありますので気をつけてください。

通常は安静にすることで回復していきますが、嘔吐や下痢が激しい場合、脱水症状に陥る可能性がありますので、そのときは治療を受ける必要があります。

また胃腸炎には、ノロウイルスなどのウイルス性や、細菌性による食中毒もあります。血便や発熱がある際はこの辺りが要因となっていることもありますので、一層注意してあげてください。

風邪

おなかにくる風邪の場合、胃腸炎と同じような症状を伴います。激しくない場合は、胃腸炎と同じ対処で問題ありません。

虫垂炎

通称「盲腸」です。腹痛が初期症状として現れた後、吐き気や嘔吐、発熱がみられます。強い腹痛を訴えたり、背中を丸めて苦しがっていたり、機嫌が悪い状態が続いているときは、気をつけてください。

特に最初は気付きにくいので、気づき次第すぐに病院へいきましょう。放置することで腹膜炎になってしまうので、注意してください。

腸重積

乳児期に起こる病気で、突然腹痛や嘔吐を起こします。注意するべき点は、いきなり激しく泣いたかと思うと、しばらく経つと何事もなかったように泣き止む点です。

つい機嫌が悪かっただけだ、といった風に捉えてしまいますが、これは腸重積で繰り返しみられる症状なのです。その他の症状としては、血便が挙げられます。ひどくなると危険な状態になる可能性が十分にありますので、早急な対処が求められます。

特に乳児期などの赤ちゃんは、痛みを泣いて表わすことしかできません。その中で正確な情報を突き止めるのは非常に難しいことですし、それが頻繁であれば、ご両親のストレスにも繋がることもあります。

あまり楽観視せず、なるべく冷静、慎重に状況を判断してあげてください。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る