便秘薬でお腹が痛くなる原因と腹痛になりにくい便秘薬

Sponsored Links

便秘薬を飲んだときに、腹痛に襲われる人も多いと思います。これは便秘薬自体が、腸を刺激することによって無理矢理動かし、排便を促すようにしているためです。腸には負担が掛かる方法なので、あまり飲み過ぎないようにしなくてはいけません。

では便秘薬を服用する際に伴うお腹の痛みに対して、対処は存在するのでしょうか?結論から言うと、便秘薬を服用しても腹痛にならない方法はありません。しかし軽減することは可能で、薬の中にはなるべく腸に負担に掛けないようにと作られているものもありますのでご紹介したいと思います。

腹痛になりにくい便秘薬

Zイオン研究所の「イオナミン」

腸からの水分吸収を抑えることで、便が硬くなるのを防ぎます。便が軟らかくなることで、スムーズな便通を促します。

ゼリア新薬工業の「ウィズワン」

生薬と植物性成分なので、おなかにやさしくなっています。肌荒れなどの解消に効果が高いのも特徴です。また、おなかに溜まっているガスを取り除くことに主をおいた「ウィズワンプラス」、乳酸菌が配合された「ウィズワンエル」などもありますので、症状に合ったものを選びましょう。

エバース・ジャパンの「エバシェリーン」

センナという植物を使っていて、水に溶かして飲むのが特徴です。センナには便の通りをよくする効果があります。

アラクスの「カイベール」

上記と同じくセンナが含まれており、腸の余計な水分吸収を抑えることで、便が硬くならないようにしてくれます。症状に合わせて飲む量を調整するタイプなのが特徴です。

小太郎漢方製薬の「生薬便秘薬Ns」

便秘の改善と共に、おなかにガスが溜まるのを防ぐ効果があります。こちらも痛みが少ないタイプなのでオススメです。漢方薬なので体に優しい便秘薬と言えるでしょう。

大正製薬の「コーラック」

言わずとしれた便秘薬です。便を軟らかくしてくれる他、腸内環境も改善してくれます。コーラックは効果が強すぎる、という人もいるので、そういった方は「コーラックソフト」や、生薬でできた「コーラックハーブ」を試してみてください。

Kracieの「新コッコアポA錠」

漢方薬ですが、錠剤タイプで苦みを感じないようフィルムコートされており、飲みやすくなる工夫がされているのが特徴です。続けて服用することで、「肥満」や「むくみ」にも効果があるとされています。

SATOの「サトラックス」

腸を刺激することで排便を促すタイプなのですが、効果がゆっくりと現れるので、他の薬で腹痛になりやすい方にオススメです。こちらもセンナが配合されているため、しっかりした効果が期待できます。さらに効果の強い「サトラックスエース」などもあります。

いずれも体質との相性や、効果に個人差がありますので注意してください。自分に合わないと思ったものは、すぐに服用を中止するようにしましょう。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る