便秘でお腹が痛いときの原因と対処法をご紹介

Sponsored Links

通常、便通というものは毎日あるのが正常な状態です。便秘の定義は、便の排泄が困難になっている消化器の状態を指す、となっています。一般には、3日以上便通がないと便秘とされます。または便が硬い、量が少ない、排便後すっきりしない(残便感)がある状態も便秘と呼ばれます。

腹痛やおなかが張ったり、食欲がなくなったりする症状がみられ、肌荒れ、肩こりなど全身への影響を招くこともあります。これらに思い当たる節のある方は、便秘、もしくは便秘気味であると言えます。

便秘には、機能性のものと器質性のもがあります。それぞれ症状が異なるので、自分の便秘がどれに該当するのか、しっかりと把握しておきましょう。

機能性便秘

該当する便秘は全部で3種類あります。順にそれぞれの症状を紹介していきます。

弛緩性(しかんせい)

便秘の中でも特に多い原因で、女性や高齢者によくみられます。主な症状として、おなかが張る、残便感がある、食欲がない、肩がこる、肌が荒れてきた、イライラするなどがあります。

弛緩性便秘が発生する要因として挙げられるのは、運動不足、水分不足、食物繊維の不足、腹筋力の低下、ダイエット、といったものの影響で誘発する可能性があります。

けいれん性便秘

便がうさぎのフンのようにコロコロしたものになっていると、これが該当する可能性があります。食後にお腹が痛くなる(特に下腹部)、残便感などの他、便秘と下痢を交互に繰り返すことも多いとされています。

原因として考えられるのは、精神的ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群などがあります。

直腸性便秘

高齢者や寝たきりの人の他、痔や恥ずかしさによって排便を我慢する人に、多く見られる便秘です。こちらも若い女性に多いタイプだとも言えます。

器質性便秘

こちらは胃、小腸、大腸などの器官そのものに疾患があり、それが原因で便秘となっている状態です。機能性便秘は生活習慣の改善などで対処可能ですが、器質性便秘は本格的な疾患であり、各器官、各疾患に対して、適切な治療を行わない限り改善する望みはありません

原因となる病気に、大腸ガン、腹膜炎、腸閉塞、腸捻転、潰瘍性大腸炎、子宮筋腫などがあり、いかに恐ろしいかがわかると思います。主な症状として吐き気、嘔吐、激しい腹痛、血便や粘液便、発熱などひと目でわかる症状が出ますので、決して放置や自己対処しないでください。

例え機能性便秘だとしても、慢性的に続いたりする場合は、市販薬を試してみるか、医療機関へ足を運ぶようにしましょう。たかが便秘と侮っていると、さらなる大病を招く原因にもなりかねませんよ。

お腹痛いときの原因と対処法 | お腹が痛い時に見るサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下痢や便秘で悩んでいるなら腸内フローラを整えましょう

出なくても、出すぎてもどっちも辛いですよね。世の中には「便秘」「下痢」で悩んでいる人が大勢います。

お腹が辛いと外出先でも不安で仕方ないと思います。このような不安は、「体内環境のケア」が重要なのです。

体の内側からケアするには「モリモリスリム」がお勧めなので、下痢や便秘で悩んでいる場合は、一度「モリモリスリム 」をお試しください。



Sponsored Links

関連記事

ページ上部へ戻る